2016.1.1 Fri

写真AC

知ってそうで知らない神社参拝のマナーと願いの叶え方

 近年、神社参拝がブームになってますね。パワースポット巡りの一つとして、楽しんでいる人もいるかも?
 神社を参拝するときは、マナーとルールがあるって知ってますか?今日はそんなお話をします。

神社を参拝するとき、まずは意識したい心掛け!

 皆さんも知っている通り、神社は神様のお住まい。神社さんに伺うということは、神様のお家に行くということ。
そこにお邪魔します~って気持ちをまず忘れんといてね!境内で大きな声でペチャクチャ喋ったり、写真をバシバシ撮ったり。普通の声で話してね。ほんで、写真はまず参拝してからね!鳥居を撮りたいなら、帰るときに撮ってね!拝殿(お賽銭箱が置いてある奥のお社)を撮影したいなら、参拝するときに撮らせてくださいねって
ひとこと言いましょうね!自分も勝手に撮られたらイヤなように、神様にも嫌がる人はいはりますのん。

神社参拝、ちょっとしたマナー。

参拝していい時間は日の出~日の入りまで。
夜の神社参拝は一部の神社を除いて、行ったらあかんよ。神様もお休みになってはるからね。行って良い神社は夜担当の神様がいてはるとこだけ。大きい神社が夜閉めはるのはそれが理由なん。入ったら手水舎で手と口を浄めてね。このお作法については、やり方の看板が用意してあるからここでは省略するけど、たまに水出してはらへん神社とかあるねんね。
そんな時は、ペットボトルの水を持って行って、両手と口を浄めるとええよ。手だけなら、アルコールスプレーやジェルも活用できるわ。横に摂社末社と言われる小さなお社があるときも、まず一番大きい、メインの神様から参拝してあげてな。

お願いを叶える、神さまへの伝え方

神社に行って、お願いするときに 叶いやすい方法ってのがあるのん。その方法を教えます。
まず「自分の住所・氏名」!これ必須です。名前だけしか言うてない人は住所伝えてみてね。そして願い事は「○○になりますように」は絶対あかんよ! 「○○が叶うよう、お力をお貸しください」って言うてね! 自分も行動するから、よろしくね! ってお願いするのん。お願いごとしたくない人は、いつもありがとうございます~、これからもよろしく頼んます~でエエよ。好きな方やってみてね。お賽銭の金額は5円がベストだけど、入れたかったらいくら入れてもエエよ。この時、拝殿の内側から風が吹き込んできたり、ご祈祷が始まったり、急に雨が降ってきたら、神様の歓迎のサイン。ありがたく受け取りましょ!

神様は怒る

怒るか怒らへんかで言うと、怒らはります。だけど、参拝の仕方間違えたくらいでは、気にしはりません。こういう時はエエよエエよ~ って感じ。
境内の中にある木なんかを傷つけたら怒らはるけど、この記事を読んでいるあなたなら、そんなことはせえへんでしょ。例外として、神棚置いてはるお家で、お手入れがぞんざいやったり、お供えしてるお水が腐ってたり、供えた榊が枯れてるのに、ほっぽらかしてたり・・。そんな状態の場合は神様怒らはります。そんな時は家族の体調や仕事に影響出ることが多いです。それは神様の怒ってまっせ。もし、こういった悩みが会って神棚が荒れてたら、まず神棚を整えてみてね。

まとめ

  • 神社行くなら 日中!夜はあかん!
  • 願いを叶えてもらうには、住所・名前・「お力を貸してください」で伝えよう!
  • ちょっと間違えたくらいでは神様は怒らへん。でもマナーは守ろう!

人んちにお邪魔してますって気持ちで行ってたら、粗相や極端にマナー違反にはなりません。敬意を持って、空気感(神社さんは鳥居を境にして空気が変わるんよー)や雰囲気を楽しんで参拝しましょ!

 
奄海るか
霊的な相談も現実のお悩みも関西弁と愛のムチで一挙解決する大阪で話題の占い師。
幼少のころより、不思議な世界にアクセス。霊視力をつかった、するどい鑑定が人気。
オリジナルの占術「悉曇(しったん)カード」によるアプリがブレイク中。

この記事をSNSでシェア