2016.5.1 Sun

PIXTA

オーラから分かる意味とは?自分や他の人のオーラを見てみよう!

オーラとは、人などの動物が発するエネルギーです。人によって、その発せられるエネルギーには色があり、そのカラーによって意味が異なってきます。意味を知ることによって、性質や現状を知る一端にすることが可能です。

オーラは特別な力がなくても視られる!?オーラを視るための訓練

PIXTA

オーラと聞くと不思議な力がないと見ることができないのではないかと感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、オーラは誰でも見ることができるもの。訓練を積むことによって、自分のオーラや他人のオーラを見ることができるようになるのです。

オーラを見られるようにするためには、まずは自分のオーラを、そして、他人のオーラを見られるようにステップを踏んでいきます。まずは自分の手を使って、オーラを見る方法を会得しましょう。

オーラを見るには、まず下準備をすることが大切。昼間の日光の下では分かりにくいため、夜間、そしてリラックスした時間である入浴後に行います。方法は、壁に手をかざして、手と背景を全体的に集中して見つめるだけ。しばらく見つめていると湯気のようなものがモヤが見えてくるでしょう。これがオーラです。はじめのうちはうまくいかなくても、毎日訓練を積むことによってオーラは見えるようになります。判別がしにくいので、黒や茶色の壁の前で行うのがコツです。

自分のオーラが見えるように訓練を積むと、自分の手のひらの間隔で、他人を全体的に遠目に見ることで、オーラを見ることができるようになります。

オーラの色はさまざま!オーラから分かるカラーの意味とは?

PIXTA

実際にオーラが見えるようになったら、そこにさまざまなカラーが映し出されることに気づくでしょう。それぞれの色にはどのような意味合いがあるのでしょうか。

【赤いオーラ】
赤いオーラは大きなパワーを秘めたオーラです。トラブルに見舞われても解決することができます。さらに、興味を持ったことへの集中力が優れているのも特徴。

【青いオーラ】
青いオーラは冷静で我慢強く、情に厚いという特徴があります。人付き合いにしては狭く深くという面も。ただし自信がないときにも表れるので注意が必要です。

【緑のオーラ】
緑のオーラは、オープンで平和主義、包容力があるのが特徴。また、健康に気をつかっている場合も緑のオーラが見られます。

【黄色のオーラ】
黄色のオーラを持つ人は好奇心旺盛でムードメーカー。自由で天真爛漫な憎めない人です。素直で純粋なのでちょっぴり注意したいところ。

【紫のオーラ】
紫のオーラはスピリチュアルな思考を持ったひとによく見られるオーラです。繊細で直観力に優れています。ただ、臆病な一面も。

【オレンジのオーラ】
オレンジは、個性的でマイペース。ただし、依存傾向があるので一人の時間をつくることが大切です。

【藍色のオーラ】
プライドが高く、白黒はっきりした、向上心にあふれたタイプ。程よい向上心が、幸せにつながります。

【白色のオーラ】
純真で保守的、癒しのオーラです。騙されやすい一面があるので注意したいところ。

要注意!オーラの見過ぎは危険がはらんでいる?

PIXTA

オーラを見られるようになったからと言って、むやみやたらに他人のオーラを見ることは危険です。危険を回避できる一方、オーラには音楽でいうチューニングと同じような感覚があり、オーラを見た人と一種の同調を引き起こしてしまいます。 特にオーラの中でも、負のオーラは危険。人は負のオーラに引き込まれやすい性質があり、負のオーラを見てしまうと自然に惹かれてしまうからです。そして、同調することによって自分自身が不幸に見舞われてしまうことがあります。オーラが見えるからと言って、どこでもむやみやたらに使わないようにしましょう。

まとめ

  • オーラは訓練を積めば特別な力がなくても見られる
  • オーラには色によってさまざまな意味あいがある
  • 他人のオーラはむやみに見ないようにしよう!

オーラは誰でも見ることができるものです。まずは自分のオーラから見られるように訓練しましょう。オーラを見られるようになったら、自分や他人の特徴や現在の状況などが見えてくるようになります。しかし見られるようになったからと言って、むやみやたらに他人のオーラを見るのは考え物。思わぬトラブルに巻き込まれる恐れがあるので、オーラを見る際は十分注意しましょう。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア