2016.6.16 Thu

PIXTA

顔ではなかった…本当にモテるのは「いじられ上手」

確かに見た目が良いと、それだけで大きなアピールポイントになることがあります。ただ世の中には、美人なのにモテない女性がいることも事実。その基準は一体何なのでしょうか?実は、基準のひとつとなるのが、いじられ上手かどうかです。

いじられ上手とはどういうこと?

「いじられる」ということに対して、馬鹿にされているだとか、なんとなくマイナスイメージを持ってしまってはいないでしょうか。しかし、現代におけるいじられるという感覚は、馬鹿にされるというよりは親しみやすいという、今までと少し違った感覚になってきています。プラスのイメージとして捉えて良いでしょう。

いじられ上手とは、まさにそういった現代の感覚を理解し、いじられることをむしろ楽しんで、ときには相手をいじり返す懐の大きさを持った人のこと。単にいじられているだけでではないのです。スポンジというよりは、ゴムのような柔軟性を兼ね備えた人になります。そういった柔軟性があり、親しみやすい雰囲気があるからこそ、異性もついいじりたくなってしまうのです。

いじられ女子の特徴はなに?

いじられ女子の特徴は、ずばり笑顔とノリ。いつも、誰に対しても笑顔でいる女性というのは、ほかの人の心も明るくしてくれますし、親しみやすさも感じます。なんとなく話しかけやすい雰囲気ができあがっています。次に、ノリです。ノリの良い女性に対して、男性はいじり返したら、それなりに反応してくれる、つっこんでくれると淡い期待を持っています。親しみやすさとユーモアもいじられ女子の大きな特徴だと言えるでしょう。

そして、笑顔でいることとノリが良いことに加えて多少の隙があるということも大切です。完璧すぎる女性は、男性もちょっと身構えてしまうもの。ちょっぴり抜けている部分や、ドジな部分が男性の心を掴み、ついついいじりたくなるという男性心理をくすぐるのです。

ついいじりたくなる男性の心理

そもそもなぜ男性は、つい女性をいじりたくなってしまうのでしょうか。やはり大きな理由としては、親近感がある、そもそもその女性のことを気になっているという理由が挙げられます。

特に気になるからいじってくるという男性に関しては、よりおおらかさといじりを包み込むだけのやさしさをアピールすることで、さらに恋愛へと発展しやすくなります。また、親近感があるからいじるという男性に関しても全く恋愛に発展しないとも限りません。いじられ女子の魅力である笑顔と気配りが大きなアピールポイントとなるでしょう。雰囲気次第では、恋愛に発展することも十分考えられます。

楽しくて温かいそんな魅力のあるいじられ女子は、かなり恋愛向きだと言えるでしょう。

勘違いにならないように注意

ただいじられ上手になりたいからと言って、勘違いしないように注意したいことがあります。それは、いじられ上手は、決してぶりっ子ではないということです。確かに男性受けという観点と笑顔や気配りができる女性らしさという観点では似ている部分もあるかもしれません。

しかし、決定的に違うのは、ぶりっ子は自分を男性から良く見られるためにつくっているということ。ぶりっ子は男性の前だけ態度が豹変することがありますが、いじられ上手は男性の前でも女性の前でも基本同じスタンスです。かわいらしさをアピールするということではなく、あくまでも親しみやすさや、ときにはいじり返すノリの良さがポイントになります。

まとめ

  • いじられ上手は親しみやすく異性からも魅力を感じる存在
  • 笑顔とノリ、そして適度な隙がいじられ女子の特徴
  • 親近感のある相手や気になる女性に対して男性はついいじりたくなってしまう
  • いじられ上手とぶりっ子は決定的に違う

多少容姿に自信がなかったとしても、親しみやすさと明るさをもったいじられ上手な人であれば、男性からモテる女性になることができるでしょう。逆に、いくら美人であっても、プライドが高く、ツンとした女性は少し魅力に欠けてしまいますよね。いじられ上手になるには、人とのコミュニケーションを通して、笑顔やユーモアを意識してみましょう。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア