2016.7.13 Wed

占いストリート

初心者でも分かるタロット占いの基礎知識と占い方法

占いにはさまざまな種類がありますが、初心者でも簡単に扱いやすいのがタロットカードです。タロットカードさえ揃えればどこでも占うことができますし、カードの種類の意味もそれほど難しくありません。タロットを使った占いの方法や道具についてご紹介します!

タロットの基本的な占い方

まずお客様に占ってほしいことを質問します。なるべく具体的に内容を聞きましょう。そして、タロットカードをシャッフル。タロットカードは正の位置・逆の位置が関係してくるため、まずは両手を使って時計回りに混ぜ合わせます。それからカードを1つにまとめてトランプの様にカードを切り、3つの山に分けておきます。タロットカードの初心者向けにやりやすい展開方法(スプレッドという)は、2枚のカードだけで占う「シンプル・クロス・スプレッド」と、3枚のカードから占う「スリーカード」です。シンプル・クロス・スプレッドは、1枚は現在の状況、2枚目は邪魔しているものを表しています。そしてスリーカードは、左から順に、過去・現在・未来を表します。どちらの方法でカードの意味を読み取りながら現在の状況と解決策を導くものです。

タロット占いに使う道具とは?

まずはタロットデッキを揃えます。タロットカードの一式をデッキと言いますが、さまざまな種類があります。よく使われるのはフランス発の「マルセイユ版」ですが、他にも「ウェイト版」、「トート・タロット」というのもあります。絵柄の好みやインスピレーションで好きなものを選んでも良いですが、迷ったら解説本などが多く出ているマルセイユ版かウェイト版を選びましょう。タロット占い師の濱口善幸さんは「白猫タロット」を愛用しています。デッキがあればいつでもどこでも占いはできますが、やはり集中したりするためにも雰囲気作りも大事です。机の上にクロスを敷いたり、クリスタルなどを置いてみたり、お香をたいたり、薄暗くしてキャンドルを灯してみると良いでしょう。それからタロットカードをしまうケースもあると便利です。

タロットの正位置と逆位置の意味

タロットカードの上下が正しいときは「正位置」、逆の位置は「逆位置」と言います。カードが正の位置に来た時と逆位置でカードの上下による解釈が若干変わります。しかし、カードの本質は同じです。正の位置だからと言って必ずプラスの意味になるというわけではなく、逆位置が不幸の表れというわけでもありません。例えば、大アルカナ0番の「愚か者」のカードは、絵の通り愚か者を表しており、正位置では純粋だったり、自由だったり、楽天的という意味になりますが、逆位置になると衝動的、無計画、無知という意味を表します。同じカードでも表裏一体の意味が備わっており、「愚か者」の本質は同じです。

タロット占いと心理学で未来を読み解く

濱口善幸さんは、メディアでも活躍中の関西を基盤とした人気タロット占い師です。濱口善幸さんは自身のタロット鑑定結果の経験と、心理学を融合させた「タロット占い心理学」という分野で活躍中。濱口善幸は「ヒト型スプレッド」を展開し、頭で考えていること、深層心理、現状、未来、過去についてのカードを読み解きます。その中で重要なのが、上の頭で考えていること(建前)と深層心理(本音の部分)。人は誰しも建前と本音があり、人によっては建前の方が強く表れる人もいます。濱口善幸さんによると、占いでは深層心理(本音の部分)の心の方が重要とのこと。心理学と占いの両面から、心を読み解きます。

まとめ

  • タロットで占うときは質問を具体的にしてカードをシャッフル、さまざまなスプレッドを展開しよう!
  • タロットデッキは好みのものを。集中するために雰囲気づくりも欠かせない!
  • カードの正位置と逆位置で解釈が少し異なることも。カードの本質が重要!
  • 人気タロット占い師濱口善幸さんは心理学とタロットで人の深層心理を読み解く!

タロットカードは一見難しそうですが、意外とシンプルな占いです。一度やり方を覚えてしまえばすぐにコツを掴むことができるのではないでしょうか。占いとカウンセラーは幸せになりたいと願う人を導くという方向性が似ていますので、濱口善幸さんのように心理学を取り入れて占ってみると、さらに深みのある導きができそうですね。ぜひ挑戦してみてください。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア