2016.8.7 Sun

占いストリート

【占い基礎知識】九星気学の基礎知識

「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」など、九星気学で用いられる「本命星」を耳にしたことのある方も少なくないでしょう。由緒正しい占いの一つである九星気学を難しそうで取り入れる気になれない、という方のために、九星気学とは何かを基礎から解説します。

九星気学とは

「九星気学」は通称で、本来は「気学九星術」というのが正式名称です。長い年月をかけて確立された東洋哲学のひとつで、その基本となるものが「気学」の思想です。

気学は、「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九星学からなるもので、大正13年に創始者である園田真次郎氏によって気学と名付けられました。

この九つの星を用いる事から、現在では「九星気学」という名称が一般的です。

九星気学の歴史

前述の気学の発祥が対象時代であることから、九星気学は新しい思想である、と捉える方も少なくはありません。

しかし、その基礎となる「陰陽五行説」は後漢の時代に完成された哲学。「夏」の国王「禹王」が、亀の甲羅に九つの符号があったのを、符号の意味を研究し「洛書」にまとめたのがはじまりといわれており、その歴史は紀元前2000年以前の中国が発祥と考えると、少なく見積もっても数千年もの歴史がある由緒正しい学問といえます。

自分のタイプを示す「本命星」

九星学では、それぞれの生まれ年によって導き出すもので、「一白水星」「二黒土星」「三碧木星」「四緑木星」「五黄土星」「六白金星」「七赤金星」「八白土星」「九紫火星」の九つの「本命星」が存在します。

それぞれのタイプや特徴も異なり、例えば「一白水星」は、その名が表す通り、水の性質を持った星。少しずつ、地道に努力をし、確かな経験を積んでいくことで成功するといわれる、大器晩成タイプの方が多いのが特徴です。

「二黒土星」の方は、自分のことよりも人の役に立つことで能力を発揮する方が多いといわれています。芯が強くしっかりとした足場を持つタイプであるといわれています。

このように、九星気学では、それぞれのタイプを示すことも可能です。

占えること、できること

九星気学で占えることは様々ですが、前述の自分自身のタイプや特徴をもとに、適職を占うこともできます。

例えば「一白水星」の方は研究員や哲学者、医療、水に関連した飲料製造、醸造業、酒屋、鮮魚関連なども相性が良いようです。根気強く、記憶力が良いという能力を活かせる仕事も適職とされています。「二黒土星」は、福祉関係や九星の名にもある「土」に関連した職業と相性が良いといわれます。

その他、相性占いなど、活用は様々ですが、より深く占いたい、という方には「方位学」も奥深くおすすめの占いです。

「年盤」「月盤」「日盤」それぞれの盤において、八方位と中央に配置された九つの本命星が位置する方位によって吉凶を占うこともできます。

例えば、「日盤」は1日の運気に影響を及ぼすものを指します。「年盤」と「月盤」は、その名の通り長い期間の運気のエネルギーに影響を与えるもので、長期的な旅行や引っ越し、人生の中の重要な決断の際に重視すべきといわれます。その中でも特に注意が必要な方位を「凶方位」といい、「五黄殺」「本命殺」「本命的殺」「破れ」「定位対冲」などが存在します。

九星気学で自分自身の運気の流れを把握することで、開運に導くことができます。

九星気学のまとめ

  • 紀元前2000年以前の中国が発祥の由緒正しい占い
  • 「本命星」というそれぞれのもつ星により、タイプや特徴が異なる
  • 適職や相性占い、方位学による吉凶を占うことが可能

古来より人々が自分自身や家族の吉凶を占うために用いてきた「九星気学」。ご自身の「本命星」を見つけ、そのタイプや特徴を掴むことで、見えなかった新たな自分を確認することができます。中には、感じていた違和感を払拭することに繋がり、適職と出会えたなど人生をより豊かなものに作り上げられたという人も少なくありません。ぜひ一度、ご自身の本命星を調べてみてはいかがでしょうか。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア