2016.8.9 Tue

占いストリート

【占術の種類と意味】占い師は悩みの種類で占い方法を使い分けている

知っているようで実は知らない「占い」の基礎知識

実は占いにはそれぞれ得意とする悩みのジャンルがあり、きちんと目的にあった占いをすることで、自分の求めていた結果がでてくるかもしれません。多くの占い師は複数の占術を用いて、悩みを多方面から見ることで的中率を高めています。

西洋占星術

12星座の占いで一般的に親しまれている西洋占星術。より細かく見ていくことで、日々の運勢、世の流れ、気になる人と自分との相性、性格など、あらゆる運勢を占う事ができます。

四柱推命

日本古来より使用されている占術で、現在でも最も当たる占術と言われています。人の一生を4つの柱に見立てて、生まれ持った性質や性格、今後の人生で何が起きるかなどを占っていきます。

タロット占い

占い師といえばタロットのイメージが強い方も多いのではないでしょうか。タロット占いはカードさえあれば気軽にできる所が人気の理由です。主に、スプレットと呼ばれる配置方法によって、相談者の悩みを解決へと導いていきます。

易占い

神社のおみくじなどが易占いにあたりますので、日本人にとって最も馴染みのある占術かもしれませんね。近い未来や悩みに対して答えが欲しい時に使われる占術です。

風水

風水は、転職や引っ越しなどで気にする方も多くよく知られている占術の一つです。

オーラ診断

オーラとは、人などの動物が発するエネルギーです。人によって、その発せられるエネルギーには色があり、そのカラーによって意味が異なってきます。

その他の占術

暦はおおまかに太陽暦、太陰暦、太陰太陽暦の3つにわけることができ、太陽の登り降りや月の満ち欠けは現在の占いと深く関わりがあります。

関連記事

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア