2016.9.17 Sat

占いストリート

【夢占い】虫の夢占いの15の意味

気持ちよく寝ていたと思ったら、夢の中に虫が出てきた!目を覚まして気持ち悪くなったことってありますよね?特に虫が嫌いな人にはたまらないと思います。でも、好きでもない虫が出てくる夢って、どんな意味があるか気になりますよね?思い当たることがあるか早速確認していきましょう。

自分が虫になる夢

もし、虫になった夢の場合、あなたが好きな虫や蝶などの美しい虫の場合は、これから良いことが起こる可能性があります。嫌な虫になって悲しいときには、今の自分自身に不満があることを示しています。

虫に刺される夢

虫に刺される夢を見た場合は、何らかの人間関係のトラブルを受ける可能性があります。ただ、蚊のような小さな虫に刺された程度であれば、些細なトラブルです。もし、鉢などの危険な虫であった場合は、大きなトラブルになる可能性があるので、注意が必要です。

虫を食べる夢

想像するだけで吐き気を催してしまいますが、虫を食べる夢を見た場合は、意外にもこれから良いことが起こる可能性があります。虫というのは、嫌な物や困難の象徴であり、それを食べることで嫌なことを断ち切るという暗示です。何かにチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

蝶の夢

蝶の夢は、状況によって良くも悪くもなります。もし、蝶が煌びやかに舞っているときには、きっと良いことが起こるでしょう。新しいことに挑戦するのに最適です。ですが、蝶が死んだり、羽がもがれたときには、あなたの前に何かしらの障害が立ちふさがる可能性があります。

アリの夢

あなたがもし蟻の出てくる夢を見た時は、ちょっとラッキーです!良いことが起きうる前兆であり、特に噛まれたり卵を産む夢を見たら、臨時収入やちょっとした高価なものを手に入れる可能性があります。とくに金運が良いとされる夢です。

害虫の夢

クモや蛾といった害虫が登場する夢というのは、自身が嫌いな人や、自分の性格の嫌な所のことを意味しています。もし、あなたが逃げているのに、その害虫が自分の所に向かってくるのであれば、これから嫌いな人間や、自分の欠点で嫌なことが起きる可能性があります。もし、それらの害虫を懲らしめていた場合は、逆にこれから何か嫌なことが解決する可能性があるでしょう。

毛虫の夢

毛虫はきっと、嫌な夢だと思ってしまいますが、意外にもいいことが起こるかもしれない幸運の夢です。毛虫というのは、見にくい生き物ですが、さなぎになり羽化すると美しい蝶などに変身します。同じように、あなたの長年の夢や努力がかなう暗示を意味しています。

虫を殺す夢

虫を殺す夢を見たあなたはラッキーです。あなたが今抱えている嫌なことや障害を解決することができる可能性があります。ただ、もし夢の中で、虫を殺し損ねていた場合は、自分自身の負の感情に押しつぶされている可能性があるので、気分転換をおすすめします。

蚊の夢

蚊の夢を見た時は、あなたによくないことが起こる可能性があります。蚊というのは、周囲を飛び回ったり、血を吸ったり、時には病気にさせてしまいます。周囲からいらぬトラブルを受けないように注意しておきましょう。

虫に餌を与える夢

虫に餌を与えてる夢を見た時には、些細なことでも周囲を思いやり、助け合えるという可能性があります。虫すら慈しむ心で周囲に新設にしてみてはいかがでしょうか?苦手な相手と分かり合えたり、小さな願いがかなう可能性があります。

交尾の夢

虫の交尾の夢を見た時には、性的なことというよりも、嫌なことが起こる可能性があります。虫というのは、基本的には精神的、肉体的なトラブルの象徴です。交尾により、新しいトラブルに巻き込まれる可能性が高いことを示唆しています。

孵化する夢

羽化する夢の場合も、いい夢と悪い夢があります。カブトムシやコガネムシなど比較的嫌な虫ではないときには、何かいいことのある前触れですが、害虫が生まれる場合はトラブルに巻き込まれる可能性があるので注意しましょう。

巨大な虫の夢

とてつもなく大きな虫の夢を見た場合は、あなたがストレスを感じている可能性があります。虫というのは、精神の表れでもあります。その精神が、大きく自分を見つめるのであれな、人間関係や疲れなどを内に秘めている可能性があります。そんな場合は、少し日常から目をそむけて気分転換することをおすすめします。

虫を観察している夢

虫を観察している場合は、自分自身が何かしらの精神的な負担を背負っており、それを考え直したいという現れです。その夢を見た原因を見つめなおすことのできるチャンスです。

虫が大量発生する夢

虫が大量に発生する夢である場合は、身体もしくは精神的に疲れている可能性があります。特に、どこまで逃げても虫たちが追ってくるような場合は、一人では解決できない状態に陥っていることがあります。自分自身がそう感じていなくても、気づいていないだけかもしれませんので、周囲を頼るようにしましょう。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア