2016.9.21 Wed

占いストリート

近づいてはいけない禁断の心霊スポット!~東京23区編~

さまざまな運勢をアップさせてくれるといわれる、パワースポット。パワースポットと聞くと、つい足を運んでみたくなるものですよね。

では、逆に近づいてはいけない"霊"にまつわるスポットがあることをご存知ですか?今回は、東京23区の禁断の心霊スポットをご紹介します。

絶対に近づかないで!禁断の心霊スポット

夏の風物詩の一つである、肝試し。じめじめとした気候の中で、暗闇を歩く肝試しは最高にスリル満点のイベントになりますよね。

また、最近のパワースポットブームで都内に数多くあるパワースポットに注目が集まっていますが、その逆に絶対に近づかない方が良い、禁断の心霊スポットがあることを知る人は少ないのではないでしょうか。

今回は、さまざまな"霊"が見えるといういわく付きの、本当に恐ろしい東京23区の心霊スポットをご紹介します。

墓地の霊が見える。千駄ヶ谷トンネル

まずは、東京都渋谷区にある、千駄ヶ谷トンネルをご紹介します。

国立競技場方面から外苑西通りを南下して、左手に明治公園を見て仙寿院の交差点を右折したあたりに、そのトンネルは存在します。

このトンネルは東京オリンピックを契機に作られたもので、なんと墓地であった場所の下を掘って作られたのだそうです。国を挙げての行事である東京オリンピックに間に合わせるためとはいえ、静かに眠っていた霊からすると迷惑かもしれません。

その霊たちの怒りの影響なのか、千駄ヶ谷トンネルでは、トンネルの上部から長い髪の女性の霊が現れたり、近くのレコーディングスタジオで不思議な雑音が入ったりするなどの心霊情報が報告されています。深夜のドライブでは、十分に注意しましょう。

水際に注意。旧岩淵水門「赤水門」

お次は、北区赤羽にある旧岩淵水門「赤水門」です。

こちらの水門は、荒川で明治43年に起きた洪水を機に作られた水門で、現在は公園として整備されていますが幽霊の出没スポットとしても知られ、目撃情報も多く寄せられています。荒川で最終的に水死体が行き着く場所がこちらなのだとか。

幽霊の目撃証言はもちろん、遺体を見たという方や川に何かが飛び込む音などが聞こえたとの声もあるようです。しかも、その場を守ってくれるお地蔵様の頭部が破壊されているというのも背筋が凍る話ですよね。訪れる際には十分注意して、水際には気をつけましょう。

都内最大の霊園。青山霊園

著名人のお墓も多く、敷地では都内最大の青山霊園。

こちらも、近づいてはいけない心霊スポットとして知られています。

夜になるととたんにヒンヤリとした空気が漂い、まるで異世界のような雰囲気に包まれます。有名な怪談話の一つに、タクシー運転手が深夜に女性の客を乗せたところ、振り返っても誰も乗っておらず座席が濡れていた、というものがありますが、この霊園が舞台となったといわれています。

ある若いグループが深夜の肝試し中に異世界に迷い込み、行方不明となったという話もあるようです。肝試しにはもってこいの場所ではありますが、ご遺族などの一般の方もいらっしゃいます。もしも訪れることになったならば、騒がないようにしましょう。

訪れるときは十分注意を。都内の心霊スポット

  • 墓地を掘った千駄ヶ谷トンネルでは、長い髪の女性が見える
  • 遺体が行き着く最後の場所である赤水門では水際に注意
  • 都内最大の敷地である青山霊園は、異世界に通じる場所

パワースポットとは逆の、禁断の心霊スポット。ご紹介した以外にも、まだまだ都内にたくさんあるといわれています。霊感の有無に関わらず、気軽な気持ちで訪れると大変なことになってしまうかもしれませんよ。どうしても興味をそそられてしまうという方は、安全についての保証はできません。できるだけお一人ではなく複数で、十分注意して足を運んでみてください。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア