2015.12.8 Tue

写真AC

【心理テスト】 就寝時の寝相で隠された性癖が分かっちゃいます!

Q.眠っているときのあなたは、次のどの寝相に最も近いですか?

A:布団や枕を抱きしめて眠る
B:横向きで丸まって眠る
C:仰向けに眠る
D:うつ伏せで眠る

答えを見る!

就寝はバスタイムと併せて、一日の中でもっともリラックスでき、無防備な瞬間。お布団に入ってから眠りにつくまでというのは、実はとても本能的で人間の無意識下の心理が顕在化しやすい時間なのです。そして「寝相」というのは、無意識下の精神状態を表しており「性癖」や「密かに自信を持っている部位」と結びつくのです。さて、あなたは就寝時、どのような寝相ですか?

A:布団や枕を抱きしめて眠るを選んだあなたは……
→夜になると別人!? お盛んタイプ

あなたは、想像力が豊かで思索的なタイプ。自立心が旺盛で自分のことは自分でやろうという精神を持っています。しかし、夜の顔となると別。実は官能小説好きだったり、妄想シチュエーションを楽しんだりと、けっこうお盛んな夜のライフを楽しめるでしょう。そんなあなたの性感帯は、「髪からうなじ」にかけて。本当は髪をなでられて、寂しい気持ちを慰められたいという願望があるはず。また、セックスアピールとしても、美しい髪にシャンプーのいい香りをまとわせ、相手を官能的な気分にするという技巧派でしょう。

B:横向きで丸まって眠るを選んだあなたは……
→されるがままの従順タイプ

あなたは、寂しがり屋で誰かに愛されたい気持ちが強いタイプ。依存心が強く、強いものに守られたいというファザーコンプレックスが少し残っている人も少なくないかもしれません。性感帯は「二の腕からわき」にかけて。筋肉質の男性に弱いところがあり、屈強な肉体で腕をつかまれ、されるがまま……というプレイを好みます。また、セックスアピールは肩を露出したり、デコルテラインを強調して女らしさを演出し、かよわいイメージで異性を惹きつけるというムード派でしょう。

C:仰向けに眠るを選んだあなたは……
→身体に自信がある女王様タイプ

あなたは、自分の肉体に自信がある女王様タイプ。仰向けに眠る女性は、サディスティック的要素が強くなる傾向に。また、美意識も高く、人から見られることに興奮を覚える気質のため、「魅せる」ことを常に意識しているでしょう。性感帯は「股から内もも」にかけて。自分の脚が愛でられていることが快感なはず。セックスアピールは、まさにそのまま脚。「触らせてあげるわよ」と言わんばかりに足を組み替えて、男性の性的興奮を高めるのが得意なセクシー派でしょう。

D:うつ伏せで眠るを選んだあなたは……
→エッチなむっつりタイプ

あなたは、感覚が鋭敏で自己防衛本能が強いタイプが多いでしょう。急所であるお腹を隠すということからも、神経質な人が多いのも特徴です。しかしながら、夜の顔はかなりエッチなむっつりタイプ。性感帯は、ダイレクトに「乳首」などの突起部分。昼間は何食わぬ顔をしていますが、夜な夜な一人エッチに耽るという、昼と夜の顔がまったく異なる人が多いのが特徴です。セックスアピールは、自分では意識していないかもしれませんが、ツンデレ気味なので、一部のコアな男性から絶大な支持のあるマニアック派でしょう。

まとめ

実は、人の寝相が一生涯変わらなかったり、親子で同じ寝姿をしていたりすることに注目し、人の寝相を研究した精神分析医がいます。その人こそ、サミュエル・ダンケル氏。彼は大勢の患者の寝姿と、面接とによって寝相の6つのタイプから、6つの性格が関連付けられることを「スリープ・ポジション」という本で発表しました。あながち、寝相も馬鹿にできないということですね。

この記事をSNSでシェア