2016.11.13 Sun

占いストリート

彼の胃袋をわしづかみするモテ料理!押さえておきたい鉄板レシピは?

男性の胃袋をつかめと昔からよく言いますが、美味しいご飯が作れると家庭的なイメージを与えられるだけでなく、人間の三大欲求の1つある食欲をガッチリ掴むことができますね。料理が苦手だという人にも、まず練習して是非とも押さえてもらいたいモテ料理をご紹介していきます。

男ウケの良い料理のポイントは「ご飯がススム系」

今やネットでは、様々な料理のレシピが手に入ります。また、それぞれの育ってきた家庭の味というのもありますよね。でも、逆にいろいろありすぎてどんな料理を練習したらいいか迷ってしまうかもしれません。次に紹介するモテ料理は、鉄板レシピをマスターしておきたいものばかりです。鉄板レシピといっても、自分でオリジナルのレシピを作る必要はありません。自分の育った家庭の味や、料理本のレシピ、ネットで話題のレシピなどからいくつかを作ってみて、その中であなたがコレだ!というものをマスターしましょう。

美味しい味付けをマスターしておきたい、唐揚げ!

男性の胃袋を掴む上での第一のキーワードは「ご飯がすすむ味」です。初めてご飯を作るなら断然「食欲をそそるもの」をチョイスしましょう。最初のオススメは唐揚げです。美味しい唐揚げはご飯にもとてもよく合い、食欲をそそるだけでなく、ビールのおつまみとしても最適なのでお酒が好きな彼にも最適ですよね。ニンニクやショウガなどの薬味や、調味料のバランス、衣には小麦粉を使うのか片栗粉を混ぜるのかなどの工程により味が変わることはもちろん、事前に漬け込むなどのひと手間でさらに美味しく仕上げることができます。唐揚げはいくつかのレシピを試して練習するに値するモテ料理です。あなたの味を覚えてもらうべく、鉄板レシピを持っておきましょう。

和風と洋風2パターン押さえたい、ハンバーグ!

夜ご飯のおかずとしても人気の高いハンバーグは、是非洋風と和風の2パターンのレシピを持っておくことをオススメします。なぜなら、彼があっさり好きかこってり好きかによって、ハンバーグのタネは変えることなくアレンジできるからです。まず、ハンバーグを焼いたあとのフライパンで作る洋風ソースをマスターした後、バリエーションとして和風ハンバーグのソースも押さえておきましょう。さらに煮込みハンバーグもマスターすれば、ハンバーグのタネは1つで、その時々に合わせた自慢のハンバーグを振る舞うことができますよ!

手料理の鉄板、肉じゃが!

和風のおかずの基本とも言える肉じゃがは、お気に入りの調味料のバランス(酒、醤油、砂糖などの割合)を押さえてしまえば、割と簡単に仕上げられる上に非常に家庭的な印象を与えることができます。しかも、肉じゃがレシピを完璧にすることで、他の和風料理にもその技術が活かせるのもポイントですよ。また、肉じゃがの肉は豚肉?それとも牛肉?などといった地域差の話題につなげることもできます。肉じゃがと合わせて、自分の育った家庭でよく出ていたお味噌汁も出して彼の反応を見てみることで、彼の味覚の傾向や育ってきた食環境について話をするきっかけにもなりそうですね。

お家ランチにもオススメの、オムライス!

ちょっとしたお家デートでさらっとランチを作るならオムライスがオススメです。冷凍のご飯や、常備しやすい玉ねぎや卵を使って作ることができるため、「家にあるものでパッと作る」というシチュエーションにも活かせます。まず、しっかりと材料を揃えた状態から作っておくことで、中に入れる材料をあり合わせでアレンジして作れるようになります。冷蔵庫のあり合わせで作るというのも、家庭的な女性がタイプの男性にとってかなりポイントが高いですよ。また、食器に可愛く盛り付ける工夫も事前に習得しておくことでさらに女子力の高さをアピールできます。是非、オムライスのレシピも押さえておきましょう。

絶対押さえておきたいモテ料理

  • ご飯にもビールにも合う唐揚げ。
  • 洋風和風どちらもマスターしたいハンバーグ。
  • 和風おかずの大定番肉じゃが。
  • あり合わせでアレンジしやすいオムライス。

1人暮らしだとつい簡単な料理ばかりになりがちですが、ここぞという時にぐっと彼の胃袋を鷲掴みできるモテ料理は押さえておいて損はないものです。まずは、この4つのモテ料理を習得しましょう。これは鉄板だというレシピをモノにできれば、自然と他の料理の味も決まるようになりますよ。是非、美味しいモテ料理で彼の胃袋をガッチリ掴んでくださいね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア