2016.12.7 Wed

占いストリート

【手相の見方】結婚線でわかるあなたの結婚年齢【いつ結婚する?】

簡単に自分で見分けが付けられることでも知られている結婚線。結婚する年齢はもちろん、玉の輿婚、苦労する結婚などが見極められるのはご存じでしたか?今の自分の運気を把握して手相に合わせてどんな婚活をしたら良いかが分かるのでぜひ参考にしてみてください。

結婚線の見わけ方

手相というと左右どちらを見たら良いのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。左手が先天的なもの、右手が後天的なものとされ、両方を見て手相を占う占い師さんも多いので両方をよく見て今自分がどんな時期かを理解すれば効率の良い婚活ができ、幸せな結婚ができる確率が上がるかもしれません。

まず結婚線の場所ですが、小指の付け根から感情線の間にある線を指します。人によって複数細かい線があったり、1本しかなかったりしますので間にある線が全て結婚線と考えて下さい。

早婚・晩婚の結婚線の特徴

早婚の方の場合の結婚線をご紹介する前に結婚線の年齢の見方をご紹介します。

小指の付け根から感情線を2等分した所が30歳とされていて、感情線側が若い年齢となっています。つまり、感情線側に近ければ近いほど若くして結婚するタイプと言えます。対して真ん中よりも上であれば晩婚タイプです。

手相は数ヶ月単位で人によってはどんどん変化していきますので、良い時期を見極められるようにチェックしてみるといいかもしれませんね。

八方美人の結婚線とは?

結婚したいけど、異性が周りにいすぎて絞れない、もしくは迷いすぎて婚期を逃してしまう可能性があるのが八方美人な結婚線です。こういう人の手相は短い結婚線がたくさん並んでいるのですぐ分かるかと思います。たくさんの異性の中から選ぶことができるのは良いですが、タイミングを逃さないように結婚生活で重要視するポイントを良く見極めて絞り込んでいきましょう。

幸せな結婚ができる結婚線とは?

モテ期の結婚線は結婚線の上にアスタリスクのようなマークが出ています。恋人が見つかったり、現在の恋人と結婚に発展したりする可能性があるので周りにいる異性や現在の恋人との関係性を大切にすることが大事ですよ。

他には結婚線が尻上がりになっている場合は結婚運が高まっています。思っていた以上のお相手と巡り会えたり、幸せな結婚生活を送ったりすることができますよ。

また、小指の付け根が2股に分かれている結婚線が1本になっている場合はハッピーエンド線と言って色々な困難を一緒に乗り越えて幸せになれるという結婚線です。

最後にご紹介するのは玉の輿婚の結婚線です。玉の輿婚の特徴は薬指の付け根に結婚線が伸びていっている場合、女性は玉の輿、男性は運勢を上げてくれる人と結婚するというサインです。

見極めが大切!注意すべき結婚線

結婚線の上下に細かい線がある場合は不幸な結婚になる可能性が高いと言われています。上下によって意味が違い、上は相手の運勢を下げてしまうと言われており、下は自分が苦労するという運勢です。

結婚線に沿うように短い線がある場合は浮気タイプと言われていて、結婚相手以外の人との関係を持つ恐れがあります。もし相手にある場合や、自分にある場合は注意するようにしましょう。

結婚線がギザギザしている人はストレスが溜まりやすいタイプ。相手を変えることも視野に入れて考えてみるのもいいかもしれません。

結婚線のまとめ

  • 手相は左が先天的、右が後天的と覚える
  • 真ん中より下が早婚の人
  • 八方美人を見分けて婚期を逃さない!
  • 幸せな結婚は尻上がりな結婚線
  • 不幸にならないために手相の切り替わりを見よう

結婚線の見分け方を知り、定期的に見ていくようにすれば結婚すべき人が現れたときに判断しやすくなりますね。ぜひ3ヶ月に1回程度チェックして幸せな結婚ができるタイミングでお相手を選ぶようにしましょう!

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア