2017.2.2 Thu

占いストリート

知っているようで知らない節分!運気アップできる過ごし方は?!

2月3日と言えば節分です。豆まきをしたり恵方巻きを食べたり、きっと多くの方が季節の行事として何かしら体験されたことがあると思います。けれども、何となく理由も分からぬままやっていたという人も多いのではないでしょうか。節分の歴史や由来、運気アップできる過ごし方についてご紹介していきます。

実は節分は1年に4回やってくる!

お正月のデコレーションが終わると、コンビニやスーパーなどでも鬼のお面や豆などといった節分グッズが見られるようになりますね。でも、実は節分というのは年に4回あるということをご存知でしょうか?節分というのは文字通り「季節」の「分かれ目」を意味し、本来は、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの1日前のことを指します。では、なぜ2月3日だけが節分と呼ばれ、季節の行事として浸透しているのでしょうか?実は陽暦の2月4日に当たる立春は、1年の始まりとして最も大きな節目と考えられているため、他の3つの節分に比べ2月3日はより特別な意味を持っているのです。そのため江戸時代以降、一般的に「節分」と言うと2月3日を指すようになりました。風水学的に、立春は運気の変わる節目とも言われているため、その前日の節分の過ごし方を見直すことによって立春をより良い状態で迎えることができます。何となく豆まきをしていたという人も、何となく流れで恵方巻きを食べていたという人も、今一度節分を見直すことで運気アップや金運アップを目指してみませんか。

豆まきは500年以上の歴史!

立春を1年の始まりと考えると、その前日である節分は大晦日(おおみそか)にあたりますよね。今でも、年末には厄払いの意味を込めて大掃除などを行いますが、豆まきで厄払いをするという風習の起源は平安時代に遡ります。大晦日の宮中では、1年の厄を払い新しい年を迎えるための行事、追儺(ついな)が行われていました。この追儺という行事が豆まきという形で民間に定着し始めたのは室町時代と言われています。つまり今から500年も前から節分の豆まきは人々に親しまれてきたのです。

中国から伝わった豆まき

室町時代に人々に定着した豆まきですが、その起源である「追儺(ついな)」は中国の風習が伝わったものだと言われています。追儺(ついな)の中で「鬼に扮した者を、黄金の仮面に盾や矛で武装した者が豆を投げて追い払う」という儀式がありました。この儀式は豆うちと呼ばれ、現在の豆まきの原型にあたります。儺(ついな)において鬼は非常に重要な役どころなわけですが、そう言ったことからも追儺(ついな)は俗称で「鬼やらい」「鬼走り」とも呼ばれています。

豆は「魔」を「滅する」の意味に通じている

昔話の中に「京都鞍馬山に鬼が出た際、毘沙門天のお告げにより大豆を鬼の目に投げつけたところ、無事に鬼を退治することができた」という一節が残っています。このお話の解釈を通して、豆が「鬼=魔(ま)」の「目(め)」という意味と「魔」を「滅する」という意味に通じていることがわかります。昔は、人間の力ではどうにもならない災害や疫病などの大きな災いは全て鬼(魔)がもたらしていると考えられていました。そのため、鬼を追い払うという行為は厄払いの象徴的な儀式で、そこに意味の通ずる「豆」も非常に意味深い食べ物であったことがよくわかります。豆まきは無病息災を祈る大事な儀式だったのですね。

鬼の名前の由来は「陰(おん)」や「隠(おぬ)」

災いをもたらすとされていた鬼ですが、この「鬼(おに)」という名前は「陰(おん)」や「隠(おぬ)」という言葉が由来となっています。陰(おん)は目に見えない気、特に邪気のことを指し、隠(おぬ)はこの世のものではない物を指します。その言葉が変化し、「おに」と呼ばれるようになりました。また、隠れている恐ろしいもの「隠人(おんにん)」が変化して「おに」となったという説もあります。

豆まきに使う大豆は炒ったものを!

古くから五穀(米・麦・豆・ひえ・あわ)には穀物の霊が宿るとされており、悪霊を払う際に使われてきました。そのため、節分の豆まきに使う豆も「五穀ならなんでも良い」という話も残っていますし、「昔は小豆を投げていた」という説も残っています。大豆は様々な神事において米の次によく使われる穀物でした。その上、米よりも粒が大きく鬼を追い払うのにも最適ということで、よく使われるようになっていったと言われています。そんな大豆ですが、豆まきには炒ったものを使わなければなりません。豆まきの後拾い忘れた大豆から新しい芽が出てしまうと縁起が悪いからです。これは「拾い損ねた大豆から新しい芽が出てしまうと新たな災いが起きる」という言い伝えから来ており、炒った豆であれば発芽の心配がないということで豆まきには必ず炒った大豆が使われるようになりました。また、炒ると同じ音の「射る」という言葉とかけて鬼を射るという意味に通じているというのも理由の一つです。自然界のあらゆるものを陰と陽に分けた陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」)において、豆も鬼も「金」にあたり、「金」の力を封じ込めると言われる「火」で炒ることで鬼の力を封じ込めるという願いも込められています。細かなところにまでたくさんの意味がこもっているのですね。

正しい豆まきで運気アップ!豆まきは夜やるもの

学校行事や地域行事の一環として豆まきは、日中に行われるケースも多いですよね。もちろん、季節の行事を楽しむことは素敵なことですし、都合の良い時間帯にやるというのも十分合理的な考え方ではありますが、せっかくなのでここで一度、正しい豆まきの手順ややり方を確認し、運気アップを狙っていきましょう。まず、豆まきに適した時間帯ですが、「鬼は夜にやってくる」ということから夜に豆まきを行うのがより良いと言われています。みんなで楽しく豆をまくイメージがありますが、本来はその家の主人が一人で豆をまくものです。場合によっては年男や年女、厄年の人がまく場合もあります。また、豆まきに使用する豆は是非升に入れましょう。升は「増す」と同じ読み方で、利益が増すという意味に通じ、節分の翌日にここで使用した升を神棚に飾ることで金運アップにもつながります。豆をまく方角ですが、家でまく場合、基本は掛け声通り「鬼は外、福は内」を意識してまいていきます。まず、玄関を開け、「鬼は外」と声に出しながら鬼を追い払うイメージで中から外へと豆をまきます。追い出した鬼が家の中へと戻らぬようすぐに玄関を閉めます。その後、福を呼び込むよう願いを込めながら「福は内」と声に出して家の中で豆をまいていきます。また屋外で行う場合には鬼門である北東と裏鬼門である南西に向かって豆をまくのもいいでしょう。地域によっては「福は内」を行ってから「鬼は外」を行うケースや、寺院や苗字に「鬼」がつくようなご家庭では「鬼は内」と言いながら豆まきをするケースもあるようです。回数や、豆をまく方角など地域差もありますので、そう言った場合は、もちろんその土地や家庭のルールに従って行ってくださいね。豆まきが終わった後はみんなで豆を食べましょう。

豆まきに鬼役は必ずしも必要ない

スーパーやコンビニに売られている豆まき用の煎り大豆の多くには鬼のお面が付いてきますが、豆をまくこと自体に鬼(目に見えない邪気)を追い払う効果があるため、必ずしも鬼役を用意する必要はありません。ですから、たとえ一人世帯であっても厄払いや運気アップとして豆まきをすることができます。

逆に、もちろん鬼役がいたとしても効果が下がるということもありません。そもそも先にご紹介した通り、豆まきの元となった「豆うち」の儀式の中でも鬼に扮した人に豆を投げていましたし、イベント性も高まるため、誰かに鬼役をやってもらって豆まきをしたほうがより盛り上がりそうですよね。

食べる豆は年の数でも、年の数プラス1でもOK

豆まきを行った後に家族みんなで豆を食べるのが基本的な流れではありますが、豆まき後の掃除やスペースのことを考えると家庭での豆まきを躊躇する方もきっと多いですよね。そんな時は、豆を食べるだけでも運気アップの効果を期待できます。「魔目(豆)を射る(炒る)」という言葉から炒った豆は邪気を祓った豆として「福豆(ふくまめ)」と呼ばれ、福豆を食べると「福」を体に取り込むことができると言われています。福豆を食べるときの数ですが、人によって年の数食べるのが良いという人と、年の数プラス1食べるのがいいという人がいます。結論から言うと、これはどちらでも問題ありません。新しい年の分まで1つ多く食べるという考え方もありますし、そもそも歳を満年齢でなく、生まれた時を1歳と考え年が変わるごとに1つ歳をとる「数え年」で考えている場合もあります。また数え年で考えた場合でも「年が変わるごとに1つ歳をとる」の「年」が旧暦なのか新暦なのかによっても節分時の年齢が違ってきます。1つ2つの豆の数の差はご利益に影響しないと考えて大丈夫です。こちらに関しても、地域差や家庭のしきたりがある場合にはそちらに従ってくださいね。幸せを願いながら、美味しくいただきましょう。

スピリチュアル的に「鬼」は内なるパワー

ここまで、鬼は見えない邪気として外に追い払うものとして紹介してきましたが、スピリチュアル的な観点で考えた場合、鬼は「内側からの非常に強いパワー」ととらえることもできます。「仕事の鬼」という言葉があるように、何かに対し非常に強いパワーが向いている状態にも鬼という言葉が使われます。豆を食べるという行為には、強烈な内側のパワーが悪い力とならず良い方向へと発揮できるように、また内側から変容をもたらすようにという願いも込められています。

大阪で始まった恵方巻、恵方巻という呼び名はごく最近浸透したもの

最近では日本各地のコンビニでも見かけることの多くなった「恵方巻」ですが、発祥の血は大阪と言われています。大正初期の大阪の花街でお新香の入った海苔巻きを縁起を担いで恵方を向いて食べたことが始まりです。大阪鮓商組合が1932年に発行した「太巻きを恵方に向いて丸かぶりをするという流行は古くから花柳界でもてはやされていた」と書かれたチラシも現存しています。さすが商売の街・大阪とあって昔からの言い伝えと商売をうまく掛け合わせていますね。「恵方を向いて太巻きを食べる」という習わし自体は豆まきほど歴史は古くないまでも長い間人々に愛され育ってきた文化ですが、「恵方巻」という呼び名は某コンビニチェーンが1998年に節分に合わせて太巻きを全国展開した際に採用し一気に浸透したもので、まだまだこの名前の歴史は始まったばかりです。その他にも、恵方を向いて食べる寿司であることから「恵方寿司」や、丸ごとかぶりついて食べることから「丸かぶり寿司」などと呼ばれることもあります。

恵方巻の具材は7種類!恵方巻のルール

節分に食べる太巻き・恵方巻の具材は7種類にすると縁起が良いとされています。これは七福神の数にちなんでいます。七福神といえば大黒天(だいこくてん)、毘沙門天(びしゃもんてん)、恵比寿天(えびすてん) 、寿老人(じゅろうじん)、福禄寿(ふくろくじゅ)、弁財天(べんざいてん)、布袋尊(ほていそん)の7人です。特に決まった具材があるわけではなく、7人に見立てて7種類の具材を太巻きに入れることで「福(七福神)を巻き込む」という意味に通じ、縁起が良いとされています。ですから、どんな食材を入れるかよりも、7種類の食材を入れるということが大切なのです。恵方巻の基本的なルールは、一人一本の太巻きを用意すること。恵方を向いて切らずにかぶりついて食べること。食べている途中で喋らず、最後まで食べきることです。切らずにかぶりつく理由は「縁が切れない」ようにするためと考えられています。特に七福神を見立てた具材を巻き込んでるわけですから、そういう意味でも縁起が悪いですよね。また、黙って食べきるのが良いというのは、黙って食べることで食べ終わるまで願い事を心の中で唱え続けることができるという理由と、食べている途中で喋ってしまうと福が逃げてしまうと言われていることが理由です。

そもそも恵方とは歳徳神(としとくじん)のある方角

今年の恵方は○○と言ったようなことを毎年耳にしますが、実は恵方とは何のことかわからないという方も少なくないはずです。何となく、縁起の良い方角という認識でも間違ってはいないのですが、もう少し具体的に言うと、陰陽道に置いて、その年の福徳を司ると言われる歳徳神(としとくじん)のある方角を指しています。

恵方には4方向しかない!西暦の下1桁で決まる恵方

特に節分が近づくと、今年の恵方について話題になったりしますので、一年の終わりに「今年の漢字」や「流行語大賞」などが発表されるように毎年全く違った方角に変わると思っている方も多いかもしれませんが、実は恵方というのは4方向しかなく、しかも西暦の下一桁で決まっています。下一桁が4か9の場合には「東北東微東(東北東)」、0か5の場合には「西南西微西(西南西)」、2か7の場合には「北北西微北(北北西)」、その他の1、3、6、8の場合には「南南東微南(南南東)」の4種類です。この4種類の恵方は「甲の方角(東北東より少し東 )」「 庚の方角(西南西より少し西)」「 丙の方角(南南東より少し南)」「 壬の方角(北北西より少し北 )」とも呼ばれ、東、西、南、北、南を1周りとし5年周期で変わっていきます。つまり、今年の恵方は5年後の恵方と同じということです。ちなみに、恵方を知っておくことは節分の時だけでなく、初詣をする際にも役に立ちます。自分の家から見て、恵方にある神社を初詣にお参りすることを「恵方参り」と言い、そこへお参りすることで1年の願いが叶うと言われています。

節分には神社やお寺で運気アップ

節分の歴史や、豆まき、恵方巻きについてご紹介してきましたが、自宅で節分を楽しむだけでなく、近くの神社や寺院に出かけてみるのもいいかもしれません。節分に合わせて行われる祭事を一般的に神社では節分祭(せつぶんさい)、節分会(せちぶんえ)と呼びます。東京都にある五条天神社や京都府にある吉田神社では古くに宮中で行われていた追儺(ついな)式を見ることができますので、節分の歴史を感じながら楽しむことができます。その他、各々の神社や寺院で特色を持ったお祭りがとり行われますので、場所自体の気の巡りの良さとの相乗効果で、最大限の節分効果を得てみてはいかがでしょうか。

鰯の頭を飾って鬼を追い出そう

お住いの地域によっては馴染みのない習わしかもしれませんが、節分に運気を上げるお飾りとして柊鰯(ひいらぎいわし)というものがあります。文字どおり、柊と鰯を使用したお飾りで、20センチ程度の柊の枝にこんがりと焼いた鰯の頭を突き刺したものです。この柊鰯を節分の時期に合わせて玄関先に飾ることで災いを避けることができます。魔除けのようなものですね。鬼は、生臭いものと尖ったものが苦手とされており、鰯の頭をこんがりと焼くのはその臭いで鬼を追い払う効果があり、中に入ろうとする鬼は柊のトゲで刺して退治することができると考えられています。この柊鰯の原型とも言われるお飾りが、平安時代に書かれた土佐日記の正月に関する記述に残されており、当時は鰯ではなく鰡(ボラ)が使用されていたことがわかります。やっかがし、やいくさし、やっさしなど呼び名にも地域差があり、柊鰯を玄関先に飾る期間もお正月から節分までというところから、節分のみの地域というところまで様々ですので、お住いの地域の風習に沿って行ってくださいね。

鬼門方向を綺麗に掃除して運気アップ

鬼といえば、角が生えていて虎柄のパンツを履いているイメージですが、これは鬼門と呼ばれる鬼が出入りする方角「北東」に関係しています。北東は丑寅の方角にあたるため、牛のような角と寅柄のパンツになっているのです。出雲大社の守り神として有名な大国主命様も神殿の鬼門(北東)におられ、鬼門は怖いというイメージを植え付けることで皆にその方角を汚さないようにさせていたのが言い伝えとして残ったため、日本では鬼門に不吉なイメージを持つ人が多いのです。けれども、鬼門は鬼が出入りする方角であると同時に金運を呼び込む方角でもあり運気アップを考える上でも強烈なパワーを持った方角です。家の中心から見て、鬼門方向や鬼門方向にある部屋を綺麗に掃除することでより力強く良い運気を呼び込みましょう。先に紹介した通り、運気が変わる立春の前日である節分は、運気をアップさせる絶好のタイミングです。鬼門方向だけでなく、家全体を綺麗にして節分を、そして立春を迎えてみてはいかがでしょうか。また、豆まきの前に窓を開け、空気の入れ替えを行うことで、より良い運気を呼び込むことができますよ。

春財布で金運アップ!

運気が切り替わるという立春に向け、お財布を買い換えて金運アップさせてみてはいかがでしょうか。春の時期に買う「春財布」はお金がたくさん入った「張る」財布という意味に通じ大変縁起が良いとされます。春の時期の定義に関しては1月から3月の節句までという説と立春までという説がありますが、どちらの説にしても節分に向けて財布を買いかえれば問題ないということになります。

立春大吉のお札で無病息災

最後に、立春に向けて運気アップするおまじないをご紹介します。「立春大吉」という言葉をご存知でしょうか?全ての漢字が左右対称にできており非常に縁起のいい言葉です。立春大吉と書かれたお札を玄関の表と裏に貼っておくと、一度玄関から入った鬼が、裏側にはられたお札を見たときに違う家の玄関かと思い込み出て行く(鬼からすると新しい家に入ったつもりになって)と言う伝えから、立春大吉のお札を玄関の表と裏に貼ることは無病息災に効果があると言われています。扉の向かって右側に貼りましょう。

節分の歴史や由来、運気アップするためのヒント!

  • 豆まきは室町時代から始まった
  • 豆は「魔を滅する」や「魔目(鬼の目)」に意味が通ずる
  • 豆まきは夜行うとさらに効果的
  • 恵方とはその年の福徳を司る神のある方角
  • 恵方巻は恵方を向いて黙って丸かじり
  • 恵方は4方向しかない
  • 恵方は西暦の下一桁で決まる
  • 鬼門方向を掃除して運気アップ
  • 柊鰯で魔除け
  • 春財布を買って金運アップ
  • 立春大吉のお札を玄関の右側に貼る

節分の歴史や由来、運気アップするためのオススメの過ごし方をご紹介しました。今まで、なんとなく節分を過ごしていたあなたも、運気の変わる立春により良いスタートが切れるよう願いを込めれば思わぬ運気アップが期待出来るかもしれません。家族や友達との時間を楽しく過ごすためのエンターテイメント性もある節分行事を是非満喫してくださいね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア