2017.1.13 Fri

占いストリート

鶏肉を食べると金運アップ!6つの方法で更に運気向上

風水の観点からみると、鶏肉は金運アップに効果的な食材であるといわれています。そもそも風水とはどのような考え方に基づくものなのか、そしてなぜ風水の観点から見たときに鶏肉が金運アップにつながるのかを詳しく解説します。鶏肉を食べて金運を向上させましょう。

風水とは陰陽五行説に基づいた学問である

風水は占いの類であるという認識の方が多いのですが、内容としては古代より伝わる中国の教えである「陰陽五行説」に基づいた学問と捉えられています。古くから中国では、自然に存在するあらゆるものを2つに分類しました。これが「陰」と「陽」です。例として挙げるならば、表裏や太陽と月、数字の奇数と偶数のようなものです。このような思想を陰陽思想といい、この考え方と五行を結びつけたものが陰陽五行説といわれるものです。

五行の「木」「火」「土」「金」「水」は自然界を構成する要素

五行とは、自然界を構成する「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素がうまく循環することで自然環境が成立する、といった考えです。行という漢字には「巡る」や「循環する」といった意味があります。「木」は「火」を生み出し、「火」は「土」を生み出します。そして「土」は「金」を、「金」は「水」を、「水」は「木」を…といったように、全ての要素が永遠に循環することで自然が成り立ちます。しかし、これらの要素の示す方向が変わってしまうと、例えば「火」は「木」を破壊し、「水」は「火」を消してしまうなど、循環が正しく行われなくなってしまうことがあります。自然に寄り添った行動を取ることではじめて五行が成立します。つまり、風水とは単なる占いなのではなく、自然の循環をスムーズにするための「環境学」です。風水に基づいた行動を実践することで自らの生きる環境を正しく整えることができるのです。風水にはさまざまな流派があり、守るべきポイントもそれぞれ異なります。しかも、その教えは生活の細部にまでわたり、日々注意を払っていかねばなりません。例えば、有名な所では家の間取りがあげられます。五行の要素それぞれに司る運気があり、方角があります。「木」は仕事運と東と東南の方位を表し、「火」は人気運と南の方位、「土」は家庭運と西南と東北の方位、「金」は金運と西と西北の方位、「水」は恋愛運と北の方位を表します。それぞれの五行の方位にキーワードとなるアイテムを置いたり、その場所を丹念に掃除を行うことで開運アップにつながることがあります。

鶏肉は「金」を象徴する色を持つ金運アップ食材

時間に追われている現代人にとって、風水を生活全般に取り入れることはなかなか容易なものではありませんよね。そんな時に手軽な方法として知られているのが、食材から風水を取り入れることです。自然の恵みである「食物」は、まさに五行の循環の中に含まれるものです。食材一つひとつが風水の観点から見てそれぞれ異なる意味を宿しています。自分の環境をどう変えていきたいか、またどんな運を向上させたいかによって日々摂取する食材を変えると、環境の循環が生まれて滞った運気が改善し、改善につながることもあるのだそうです。今回ご紹介するのは「鶏肉」です。鶏肉には金運の意味が宿っており、摂取することで金運アップが望める食材です。なぜ鶏肉が金運なのかということを解説しましょう。五行のそれぞれの要素にはイメージとなる色があり、金運を司る「金」を象徴するカラーは、金や銀などのメタリックカラーと白、そして黄色です。黄色と白をバランスよく含む食材の代表格といえば、卵です。もちろん卵も金運アップに最適な食材なのですが、さらにその卵を生み出すのは鶏ですので、鶏そのものである「鶏肉」を食べることで金運をアップさせることにつながるという訳なのです。これは鶏肉だけに限定されているわけではありませんが、肉類を使った料理は精が付くといったことから仕事運にも効果的です。仕事はお金を生み出すための行為ですから、結果として金運にも影響を与えるといわれています。例えば牛肉料理は牛の特性から地道に努力を続けることのできる力を、豚肉はスタミナをアップさせ、一生懸命に働くことのできる力を、そして鶏肉はくちばしにあやかって、人脈を活かして商売繁盛をする力を得ることができる、といわれています。

さらなる金運アップは調理法に工夫を

そして、鶏肉をより金運アップつなげる方法があります。一つ目は、調理の際に時間をかけることです。調理法はじっくりと出汁を浸み込ませた煮物や煮込み料理などもおすすめです。最近ではゆっくりと鶏肉を燻して作る鶏ハムなども人気ですよね。二つ目は、香りの高いスパイスや香味野菜を取り入れることです。体の気を高めてくれるとともに、内臓をあたためる効果もあり、健康面でもおすすめの食べ方です。ぜひ試してみてください。また、金運には「勢い」を取り入れることが大切だともいわれています。三つ目は、アツアツの料理を食べることです。アツアツの料理は体内に勢いをもたらしてくれるので金運アップにつながります。より運気を向上させたいならば、単に鶏肉だけを使った料理ではなく、さらに金運をアップさせる食材や調理法を組み合わせると良いですね。四つ目は、鶏肉の他に金運アップに効果的な食材を取り入れることです。有名なのが、黄色くて丸い食べ物です。黄色くて丸い食べ物である卵と鶏肉の組み合わせは最高に金運アップに効果的なのです。黄色が強い方がより運気向上のパワーを持ちますので、卵の色を残した調理法が良いでしょう。また、乳製品であるチーズも黄色を呈しており、金運アップには効果的な食品です。鶏肉にチーズをたっぷりとのせて、グリルでじっくりと火を通してみるのはいかがでしょうか。年代を問わず大人気の、美味しくて金運もアップするメインディッシュの出来上がりです。その他、金のイメージカラーの一つである白い食材もおすすめです。光沢がある白玉やお餅は金運アップ食材の一つです。山の形をしたおにぎりは、日本では古来からお供え物としても知られ、神様が宿るともいわれてきました。真っ白なおにぎりと鶏肉、そして卵の組み合わせのお弁当も良いですね。

食材を洗って浄化し、旬を取り入れて金運アップ

五つ目は、料理をする際には食材を水でしっかりと洗うことです。水は五行の一つの要素でもあり、陰の気を吸収して浄化してくれる作用があります。六つ目は、旬の食材を組み合わせることです。旬とはその食べ物の出盛り期のことで、その他の時期よりも栄養価も高く、そして安価に手に入れることができるお得な時期です。食材にも旬を取り入れることで勢いを体内にもたらすことになり、さらに金運アップが期待できるかもしれません。鶏肉は淡泊な味なのでどんな食材とでも相性が良いですから、オリジナルレシピを考えてみるのも楽しいかもしれませんよ。

まとめ

  • 風水とは「五行」に基づいた環境学である
  • 鶏肉は五行の「金」と関係の深い金運アップに効果的な食材である
  • 鶏肉と黄色や白の食材を組み合わせるとより金運アップにつながる
  • 調理法の工夫でも金運アップが望める

いかがでしたか。風水というと難しいものであるという印象が強い人も多いようですが、手軽に取り入れられるポイントからでももちろん大丈夫です。今回は特に、金運アップの食材として「鶏肉」、さらに金運を向上させるための食材や調理法について解説しました。その他にも、自然の恵みである食物にはさまざまな意味が込められています。毎日の食事に風水を取り入れて、金運アップの他にさまざまな運気を取り入れてみてはいかがでしょうか。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア