2017.6.23 Fri

占いストリート

【心理テスト】あの人の声でわかる! あなたに言えない本音


あの人から呼ばれたら、一回スルーしてください。さて、二回目の声音はどんなトーンでしたか?

以下の選択肢からお選びください

  • 一回目と変わらない

  • 一回目よりも大きめ

  • 一回目よりも低く、強い

  • 呼ばれなかった!

この心理テストでわかるのは、「あの人があなたに言えない本音」です。

声音には、人の気持ちが表れます。特に、呼びかけは、振り向かせたい、注目して欲しいという強い意思を持って発せられますから、無視された後は、隠れている本音が引き出されます。二回目になる呼びかけのトーンから、あの人が本当はあなたをどう思っているのか、決して口には出さない思いを読み解いていきましょう。

選択肢をお選びください

味方でいて

フラットで、濁りのない答えです。お互いに相手のパターンを飲み込み、尊重してつきあっています。最良の理解者であり、深い信頼で結ばれているでしょう。普段から建前ではなく、本音で向き合っているため、心の中に隠し持っている思いは、それほど強くはなさそう。強いていうならば、「ずっと今のままでいたい」、あるいは、「どんな時も味方でいて」でしょう。これからも、思いやりと優しさで関係を育て、理想の2人でいてください。

あなたがわからない

声音に現れているのは、絶対に聞かせたい、こっちを見て欲しいという強い意思です。時に、必死過ぎて、引いてしまうほど、あの人の思いは思いかもしれません。そんなに頑張らなくてもいいのにと、なだめる方向に動いてしまいがちですが、相手が本当に求めているのは、今とは違うつきあい方です。出会ったころの情熱、優しさ、サービス精神が消え、自分が本当に必要とされているのか、わからなくなっています。たまには深く語り合って。

見捨てないで、そばにいて

たった二回で声のトーンが荒くなるのは、強く苛立っているサイン。普段から、あの人はあなたに対して高圧的で、強引でしょう。自分の思い通りに動いて当たり前、無視されるなんてガマンがならないのです。半ば、所有物と思っているから取れる態度から読み取れるのは、無意識の甘えです。本当は、あなたなしでは、一瞬も生きていけないほど、必要としているのです。ただ、愛情の示し方を学んでいないため、えばり散らしているのです。

なぜ、わかってくれないの?

もう一度呼ばれると思ったのに、そのまま、なかったことになってしまうのは、関係が冷え切っているせいでしょう。お互いに相手に違和感を持ち、思っていたような人と違う、合わない部分が大きいなど、これからのつきあい方を見直す時期に入っていそうです。ただ、表面的には、「どうぞ、ご自由に」的な突き放し方が目立っても、その本心は、「追いかけてきて欲しい」のです。あなたから歩み寄ってみると、関係修復の道が開けます。

まとめ

二回目に声をかけてくるときに、あの人がどう動いたかで、力関係も透けて見えます。距離を変えずに声をかけてくるときは、ほぼ対等。相手が近づいてくるときは、主導権を握りたい心理の現れです。距離はそのままで、やっていた作業を止めた場合は、あなたを立ててくれています。視界の隅で、チェック出来たら、ぜひ!
章月彩乃(しょうづきあやの)
占術研究家、心理テストクリエーターとして、テレビ、雑誌、書籍などのメディアに多数の掲載実績を持つ。Yahoo Japan公式サイト「ウィークリー心理テスト」に掲載の心理テストも人気を博している。『Sho-Comi』『増刊Flowers』などで、毎月の占いを連載し、主な著書は、『絵でよみとく深層心理テスト』(実業之日本社)、『血液型別女子の取り説』(小学館)、『こよみを使って開運できる本』(神宮館)ほか多数。
公式サイト:
http://shzk.info/
公式ブログ:
http://ameblo.jp/shouzuki-ayano/

この記事をSNSでシェア

レコメンドメニュー