2017.12.27 Wed

占いストリート

【心理テスト】大掃除で出てきた意外な物は?

捨てたはずなのに……、出てきたのは?

以下の選択肢からお選びください

  • 着古した服

  • 書き損じたラブレター

  • 趣味に合わないプレゼント

  • 終わった恋の記念品

大掃除をしたら、捨てたはずの物が出てきました。さて、それは?

捨てたはずの物は、過去に決着したはずなのに、まだ終わっていなかったあなたの心の中のわだかまりの象徴です。連想した品から、執着のパターンを読み取っていきましょう。引きずっているものの正体を見極めることで、無意識に踏んでしまうブレーキや知らず知らずにやってしまう行動パターンの秘密が見えてくるでしょう。

選択肢をお選びください

引きずり度0%

過去を引きずるという意味では、まったく当てはまらないタイプです。でも、「そう、私はいつも前向きだから!」なんて喜ぶのは、大間違い。あなたの場合、進んでいるようでも、ずっと足踏みをしているのです。新しい環境で、新しいことに取り組んでも、同じことを繰り返していくでしょう。自分が好きで、曲げられないし、心の根底で変わりたいと思っていないというわけ。変化は合いません。進化、深化で、質を上げましょう。

引きずり度30%

普段は元気いっぱい、過去にこだわらず、どんどん進んで行くタイプですが、周期的に、かつてやってしまった失敗や後悔が舞い戻ってきて、「アーッ!」ってなるタイプです。成長したつもりなのに、何も変わってない自分にうんざりすると思いますが、それは、錯覚です。あなたが懺悔したい気持ちになるのは、単にパワーが落ちているだけのこと。休憩を取りなさいというサインに過ぎません。しっかり休み、また、前進していきましょう。

引きずり度100%

必要以上に、過去に捉われてしまうタイプです。「いらない」と言えなかった贈り物が、ずっと手元に残っているのは、人の思惑、期待に合わせてしまう性格を暗示します。ニッコリと受け取って、こっそり処分という知恵がないわけではないのに、いざ、手放そうとすると、相手が気を悪くしないか、見せてと言われた時に困らないかなど、心配が先に立つはず。必要なのは、嫌われる勇気です。もっと自分を大事にして、しがらみと決別して。

引きずり度80%

悪いことが起こると、理由をつけずにはいられないあなた。だから、恋が不発に終わると、「またか」と思い、「前にもあった」と失敗例を引っ張り出して、納得して安心するのです。このため、本当は未練も執着もないのに、好んで引きずる人になってしまうのです。それは、相手のせいにしたいから。自分はこういう人間だから、合わせてくれないと!という思いの裏返しです。変われるのは、自分だけ。もう引きずるのはやめましょう。

まとめ

経験は、私たちに自分のパターンを教えてくれます。何も考えずに進むと、焦って転びやすいと気を付けるとケガを防げますが、私は転ぶタイプだからと自分にネガティブな暗示をかけてしまうと、確実に転ぶ回数は増えます。過去に起こった不幸は、失敗の可能性を教えてくれる材料に過ぎません。捉われず、活用しましょう。
章月彩乃(しょうづきあやの)
占術研究家、心理テストクリエーターとして、テレビ、雑誌、書籍などのメディアに多数の掲載実績を持つ。Yahoo Japan公式サイト「ウィークリー心理テスト」に掲載の心理テストも人気を博している。『Sho-Comi』『増刊Flowers』などで、毎月の占いを連載し、主な著書は、『絵でよみとく深層心理テスト』(実業之日本社)、『血液型別女子の取り説』(小学館)、『こよみを使って開運できる本』(神宮館)ほか多数。
公式サイト:
http://shzk.info/
公式ブログ:
http://ameblo.jp/shouzuki-ayano/

この記事をSNSでシェア

レコメンドメニュー