2019.5.21 Tue

【育児疲れた…】私ってダメなお母さん?

「子供は十人十色、子育てに正解なんてない。」なんて、頭では理解していても「なんでもっと子供に優しくできないんだろう」「寂しそうな顔させちゃった…」「またキレちゃった」と後悔したり自己嫌悪してしまう女性は少なくありません。
周りやSNSで上手に頑張っているお母さんを見かけると、自分と比べてしまって余計落ち込んでしまうこともありますよね。

今回は育児でクタクタになってしまった女性のSOSを始め、先輩ママからの優しい言葉や実用的なアドバイスをご紹介します。

ストレスは増すばかり。余裕がなくて反省の日々。

・最近、子供の入院や病院通いが続き、私も風邪をひいたり体調を崩して疲れてきてしまって、昨日は半日テレビを見せて私は隣で「ごめんね具合が悪いの」と寝てしまいました。子供が「あ〜あ注射頑張ったのにな〜」と言ってるのがふと聞こえてすごく悲しくなりました。公園など行けばまだしも、家にいると注意してばかりで一緒に楽しく遊ぶなんて出来ていないような…。ダメなお母さんですね…。(女性)
・息子のことは望んで産んだし、愛しているし本当にびっくりするくらい可愛いのですが、時に私のキャパの小ささから、我慢できずキレてしまいます。毎日反省の日々です。こんな調子でイヤイヤ期が怖いです。今はひたすら毎日を大切に、息子に手をあげたり後悔することのないように歯を食いしばりながら頑張るしかないのかな。と思っております。(女性)
・私はダメ親です、いい子に育ててあげられない。私が育てるから息子はこんなにどんどんダメになるんです。誰かに預けた方が、息子は優しく利口に素直に育つのでは?と初めて思い、悩みました。(女性)

精一杯子供と向き合って育てている…はずなのに言うことは聞かないし泣き止まない。
余裕もなく我慢の限界。爆発してキレたり旦那さんに当たってしまい、冷静になってから自己嫌悪し落ち込んでしまうこともありますよね。

「子供のことは愛しているはずなのに、なんでこんなにキツく当たってしまうんだろう」と悩む女性も多いようです。

お疲れ様です、よく頑張って来られましたね!

・どこにダメ要素があるの?!お母さんでも人間。しんどい時はしんどいの!本だって毎日読めなくても仕方ない時だってあるの!人間だもの。なんでも完璧に出来るわけないでしょ!主様頑張りすぎよ。子供さんに対しても、完璧な母だけ見せなくてもいいじゃない!弱いところも見せて、人を思いやる心とか育つんじゃないかな?私も、辛くなって子供と二人で泣いたこともありました。今は娘も成人し、私も肝っ玉母ちゃん(笑) だから、大丈夫。(女性)
・お疲れ様です。大変な状況ですね。よく頑張って来られたと思います。日中も、寝ましょう。赤ちゃんと同じリズムで、一緒に布団でゴロゴロしたり。もう5ヶ月なら、簡単に死なないんで大丈夫。(女性)
・そんな時期なんだと思うよ。主さんも息子さんも。主さんは息子さんを愛してるんだね、だから苦しんでる。息子さんは大人になりたい、でも子供だからいろんなことが空回り。大丈夫。主さんは疲れてるだけ。「3年生にもなってどうして?」って思ってるだけ。まだ10年しか生きてない。でも10年しか生きてないのに頑張ってる。そんな風に思ってみましょうよ。(女性)

お母さんも人間。しんどい時はしんどくて当たり前。大丈夫。ダメなお母さんじゃありませんよ。
子育てを頑張っていると、「完璧にやらないと」「いいお母さんにならないと」と必死になってしまいがち…
でも、お母さんの完璧じゃないところや弱いところを見せることも、子供が大きくなる過程では大切なポイントですね。

行政や地域、民間のサポートをどんどん駆使して極限まで手を抜くべし!

・家事も宅配スーパーや、宅配弁当を使って極限まで手を抜きましょう。地域のファミリーサポートで家に来てくれるサービスはありませんか?誰かに来てもらって、話を聞いてもらうとかだけでも違うと思います。(女性)
・今、住民票を置いている役所にTEL。その時にママサポや保健師さんの巡回等のサポートの申し込み方を教えてもらってください。二人きりなんだから、ママも昼寝してね。(女性)
・保育園や児童館、保健センターで短時間のお預かり制度もあります。誰でも利用できます。登録はありますが、保育園や児童館等で教えてもらえるはずです。役所の方で登録しているベビーシッターや、老人センターのボランティアさん等で依頼して頼むと、電球の交換等も安価で来てくれます。色々あるので資料をもらうといいです。とにかくみなさん、赤ちゃんが泣いてもビクともしませんから良かったら利用してみてください。(女性)

毎日毎日休む間も無く、終わりの見えない子育てにヘトヘトになってしまう女性は少なくありません。その上家事も完璧にこなそうと思うと、気持ちと体力にズレが生じストレスも溜まってしまうもの。
そんな時こそ、民間や地域のサービスを駆使したり、周りにSOSを発信することで少しでも負担を減らすこと大切です。

いかがでしたか?
子育て中は自由に外出することも難しく、自分の時間もまともに取れないため、疲れとストレスだけがどんどん溜まってしまう女性も多いもの。気分が落ち込み必要以上に自分を責めてしまうことも。
「子供のために」どんなことでもしなくては、と焦ってしまいがちですが、寝ることでもスマホを見ることでも何でもいいのです、「自分のために」出来ることはないかな?と探してみることも気分転換の秘訣です。

<ミクル掲示板-オトナ女子のおしゃべりコミュニティ-> ミクル掲示板 この記事は、恋愛、結婚、育児などを中心とした、さまざまな日常の出来事を本音で語れる匿名相談コミュニティ「ミクル掲示板」の投稿を元に作成されており、テキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア

レコメンドメニュー