2016.1.28 Thu

写真AC

マンネリカップルに救いの手を!もう一度ドキドキできる秘策とは?

長くつき合っていると、次第に恋のトキメキ感がなくなりマンネリ時期に突入するカップルも多いかもしれません。夜も眠れないほど彼のことを想い、早く会いたくてデートの日を心待ちにしていたあの頃に戻ってみませんか?今日は、そんな日の情熱を呼び戻すちょっとしたアイデアをお話しします。

デートの場所を変えてみる

何となくデートコースがワンパターンになっていませんか?トレンドな街でショッピングや食事もいいけれど、たまには昭和の香りが残っているレトロな下町を散策するのもおすすめです。街の喧騒から離れて、時が止まったかのような雰囲気の街を散策していると、今までとは違う彼の一面が見えてくるかもしれません。見慣れない町の風景が新鮮に感じられ、自然と会話も出てくることでしょう。

2か月に1回くらいは海辺でのデートがおすすめです。疲れた日常を忘れさせてくれる大きくて果てしない海を見ていると、心がゆったりとしてくるもの。真冬の海なら人影も少なく、なおいっそう二人だけのロマンチックな世界に浸れるでしょう。冷たい風に思わず、「寒い!」といって彼に抱きつくのも可愛いかも。

もし彼がいなくなったら、自分はどうなるだろう?とふと考えてみる

長くつき合っていると頻繁に会うことが当たり前になり、今このときが貴重なひとときであるという認識が薄れてしまいます。あなたがマンネリを感じているということは、彼もそう感じているかもしれません。彼からある日突然「別れよう!」なんて言われるかもしれません。もし、何らかの事情で彼とはもう会えなくなったら、自分はどうなるのだろうと考えてみましょう。きっと毎日が味気のない平凡な日々、拠り所のないような不安で寂しい日々が想像できることでしょう。

そんなことを考えてみると、ドキドキ感は多少薄れてきたけれど、空気のような存在である彼に対する感謝の気持ちが生まれてきませんか?そんな気持ちを「あなたがいるから頑張れる」「これからもよろしくね」といった感じで素直に伝えてみるのも良いでしょう。あなたからの新鮮なメッセージに彼の心も動くことでしょう。

お家でキャンドルライドディナー

彼の家か自分の家でまったりと過ごすカップルも多いことでしょう。食事を作って、いつものようにテーブルにつく前に、部屋の電気を消してキャンドルだけにしてみませんか?明るすぎた部屋の照明が一転して、キャンドルだけの灯りになると、とってもロマンチックな雰囲気になります。

キャンドルライトディナーでは、やっぱり洋食が雰囲気にぴったりです。ちょっと失敗したハンバーグだって、キャンドルライトの下では、おしゃれなディナーに見えるもの。BGMもいつもとは違う選曲にしてみましょう。窓際にデーブルのあるお部屋なら、なおいっそうキャンドルライドディナーの雰囲気が高まるでしょう。

外の高級なレストランでなくても、家でもロマンチックなディナーを楽しめます。クリスマスなどの特別な日に限らず、日々の暮らしのなかでキャンドルを灯して、ふたりの大切な時間を演出してみませんか?

まとめ

  • デートコースを変えてみる
  • 彼がいなくなった場合の自分の心境を考えてみる
  • 家でも楽しめるキャンドルライトディナー

恋愛気分が上昇している期間は彼のことが好きという情熱だけで幸せ一杯ですが、長くつきあっていくには感情だけで安定した関係を保っていくことは難しくなります。一緒にいたいという気持ちがまず大切ですが、相手をパートナーとして認め、より良い関係を続けるためには努力も必要。お互いの未熟な部分を補い合えるような関係になると理想的ですね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア