2016.2.2 Tue

写真AC

冷えとくすみが気になる冬。スキンケア前にこれがおすすめ!

冬は乾燥やくすみが気になります。いつものケアに「蒸しタオル美容法」をプラスして、冬の肌悩みを改善しましょう。

冬の2大肌悩み「乾燥」と「くすみ」を解消しよう

冬の2大肌悩みと言えば「乾燥」と「くすみ」です。空気が乾燥することによる乾燥肌はもちろん、気温が下がって冷えることで、肌色がくすんで見えてしまいがちになることも、冬に気になる肌悩みと言えます。

冬は空気が乾燥することで肌の水分量も低下してしまいます。かさつきが気になるだけでなく、乾燥した肌に血行不良が重なると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、バリア機能が低下することで、肌荒れなどのさらなく肌トラブルの原因になることも。そこで肌の血行を良くして、ターンオーバーを整えるために、スキンケアの前に蒸しタオルで肌を温めておきましょう。

血行が良くなることで肌の新陳代謝を高めて正常なターンオーバーを促してくれるだけでなく、肌が温まり角質が柔らかくなることで、その後のスキンケアアイテムの浸透も良くしてくれるんです。

かんたん!蒸しタオル美容法のやり方は?

美容院で、シャンプーの後に温かい蒸しタオルをのせてもらうととても気持ちがいいですよね、この蒸しタオル、特別な設備がなくても自宅で作ることができます。

自宅で手軽に蒸しタオルを作るための必須アイテムは、電子レンジ。濡れタオルをチンして温めるだけで、熱々の蒸しタオルができちゃいます。これからレンジ蒸しタオルの作り方を紹介します。簡単なので、くすみが気になる方はぜひやってみてください。

まずはフェイスタオルを濡らして、水気をしっかりと絞ります。この濡らしたタオルをラップで包んで、電子レンジでチンします。時間は、500wで30秒から1分程度でOKです。注意点は、電子レンジから温めたタオルを取り出したら、そのまま肌にのせないこと。一歩間違えるとやけどの原因になってしまいます。

蒸しタオルを顔にのせる時には、熱すぎず、気持ち良く感じる程度の適温になるまで少し冷ましてからにしましょう。

蒸しタオル美容法におすすめのタイミングって?

この蒸しタオル美容法、いつ行えばいいのかというと、おすすめのタイミングがあります。それはクレンジング前と、スキンケア前の2つです。クレンジング前に行うと、蒸しタオルの温度で毛穴が開くだけでなく、古いメイクや汚れが浮きやすくなります。毛穴が気になる人はクレンジング前が蒸しタオルを使うおすすめ。

もう一つのタイミングは、洗顔直後です。お肌のお手入れの前に蒸しタオルを使うことで、肌が温まり、美容液などのスキンケアアイテムの浸透力がアップします。乾燥が気になる方はこちらがおすすめのタイミングです。

蒸しタオル美容法の注意点はあるの?

蒸しタオル美容法にも注意点があります。蒸しタオルを使った後は毛穴が開いて水分が逃げやすくなっているので、しっかり保湿することが大切です。蒸しタオルを使った後、保湿をしないでそのままでいると、今度は肌を乾燥させてしまうことになるので、必ず保湿することを忘れないでください。クレンジング前なら、クレンジングと洗顔の後すぐに、洗顔後なら、蒸しタオルを取ったあとすぐに保湿ステップに移行しましょう。

また、冷たくなってしまった蒸しタオルは、いつまでも顔にのせておくと冷えてしまうので、タオルが冷たく感じるようになったらすぐ外してください。

まとめ

  • 冬は肌の乾燥とくすみでターンオーバーが乱れがちになる
  • 蒸しタオル美容法は血行を良くしてターンオーバーを整える効果が期待できる
  • 蒸しタオル美容をした後は、かならず保湿アイテムでスキンケアをする

いつものケアに簡単にプラスできる蒸しタオル美容法。冬のスキンケアのワンステップに、ぜひ取り入れてみてくださいね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア