2016.2.13 Sat

写真AC

注意しよう!思春期より手ごわい「大人ニキビ」について

大人になってからニキビに悩んだ経験はありませんか?ただ単に見た目が気になるというわけではなく、実はそれは身体が訴えている危険サインにもなっているのです!今回はその原因や対策なども詳しく話していきます。

思春期ニキビと大人ニキビとでは、原因が根本的に違います!

10代の頃にできるニキビ、いわゆる思春期ニキビ。子どもの頃は周りにもニキビで悩んでいる人が多くて相談しやすいのに比べ、大人になってからできるニキビは恥ずかしくて言えないって人もいますよね。

不摂生からくる印象が強いので、だらしないと思われるといやだという気持ちも分かります。ネガティブな気分になりやすいので、きちんと原因を知って対策していきましょう。大人ニキビと思春期ニキビとでは、できる原因が全く違うのです。思春期の頃には皮脂の分泌が過剰にされてニキビができやすいのに対し、大人ニキビはさまざまな要因が関係しているのです。

大人ニキビができる箇所と、正しいスキンケアの方法

大人ニキビができやすい個所は、頬からあごにかけてのUゾーン。古い角質が剥がれずにたまり、毛穴がふさがってしまうことが原因です。

思春期の頃はTゾーンを中心に皮脂分泌されやすい場所にできることが多いのですが、大人の場合は乾燥している肌にも見られます。しかも同じ個所に繰り返し出てきやすいのが特徴的。一度治ったと思ったら、また同じところにできている…なんてこともあります。これは古い角質が蓄積することが原因なので、定期的な角質ケアが大事です。きちんと毎日スキンケアをしましょう。

ただし、この際に注意しておきたいのが、洗顔を強くし過ぎないこと。ごしごしこするようにして洗ってしまうと、肌への負担が強くなります。泡立てた洗顔料を顔に乗せて動かすくらいのイメージで、優しくケアしてくださいね。また、紫外線は肌の天敵。シミやシワの原因にもなるので、外出するときは日焼け止めをきちんとつけたり、日傘をさしたりするなど、紫外線対策は万全に。

生活習慣の乱れが大人ニキビの原因に!危険サインが出ています

大人ニキビが出る原因は日ごろの生活での生活習慣が大きく関係しています。まずは食事。バランスよくとれていますか?外食中心の生活や、インスタントやレトルトが多いなど、どうしても乱れがちな人は注意が必要です。

次に睡眠。お肌のゴールデンタイムとも呼ばれる午後10時~午前2時の時間帯には眠っているのが理想的です。十分な休眠をとって、翌日に疲れを残さないようにしたいですね。そして運動。運動不足はもちろん、過度の運動もあまり良くありません。これらは全て体内で活性酸素というものを発生させ、老化を早めさせます。肌の上でもトラブルが起こりやすいのです。

しかも、ニキビはまだ軽度の症状ですが、これが悪化した状態がいわゆる生活習慣病です。大人ニキビは病気の前兆と思い、しっかり対処しておくことが大切です。

危険サインに気づいたら日ごろのケアを入念にして体質改善を!

過度の緊張や我慢を日常生活に強いると、今度はたまったストレスが原因になることも。自律神経が乱れてしまうからです。

リラックスした状態で、規則正しい生活習慣を送ることを意識するとよいですね。また、肌のうるおいを保つために化粧水をきちんと入れ込むことも大切ですが、それ以上に水分をきちんと補給して、体の内側からキレイになることが必要です。

体の循環をよくすることで、不純物を体外へ排出しやすくなります。1日2リットル以上の水分補給を心がけるとよいですね。清潔な肌を保つためには、しっかりと自己管理を心がけましょう。

まとめ

  • 大人ニキビは頬からあごにかけてのUゾーンにできやすい
  • 丁寧なスキンケアをして古い角質を除去しよう
  • 身体が訴える危険サインなので見過ごさないように
  • 日ごろの生活習慣に注意して、体質改善を!

大人のニキビは不規則な生活習慣により、身体が出す危険サインだと言えます。鏡を見て異変に気付いたときは、毎日の生活を見直してみて、きちんと改善するようにしましょうね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア