2016.2.26 Fri

写真AC

良い出会いをゲット!婚活パーティーを成功させるための秘けつ

昨今は空前の婚活ブーム。婚活パーティーに抵抗があるという方は一度ぜひ参加してみてください。何度か行っている方も必見!今回は、良縁を得るために必要な3つのテクニックをお教えします。

よそよそしくもなれなれしくもない適切な相手との距離感を大事に

もともとは見知らぬ者同士。特に初めての婚活パーティーにおいては、どれくらいの距離感をとっていいか分からないですよね。

緊張してしまって、あまりによそよそしい態度をとってしまうと、相手がこちら側のことに興味を抱いてくれてないかと勘違いさせてしまいます。特に「いいな」と思った男性にほど、そういった態度をとってしまうということもよくあります。

逆に、距離を詰めようとして、近づき過ぎてしまうと「なれなれしいな」と思われて逆効果になることも。適切な距離というのが難しいですよね。基本的には打ち解けてきたときにはさりげなくボディータッチをするくらいがちょうど良いです。ただし、こればかりは慣れていく中で分かってくる部分もあります。一度だけではなく、何度か婚活パーティーに通う中で感覚をつかむとよいでしょう。

自分のことを分かってほしくても過度の自己アピールには要注意

婚活パーティーではたいてい「一対一」で話す時間が設けてあります。その場合は相手の印象に残るようにと、自分のことを必死でアピールしがちです。しかし、過度の自己PRは逆効果。必要以上に自慢しないことが大切です。短い時間で自分のことを表現したい場合は、プロフィールカードをしっかり準備しておくとよいでしょう。

ただし、自分が話したい内容と相手が聞きたい内容とは異なる場合があります。そこでオススメなのが、箇条書きでいくつかキーワードを書いておくこと。例えば趣味の欄で、「読書・音楽鑑賞・旅」などと記して、具体的に「ミステリーが好き」とか「ミスチルはライブに行くくらい好き」などと書いておくと、相手がどれか興味を示したものから話が広がることもあります。そして、次にまた話したいと思えるようにしましょう。

相手に興味を持ち、一人一人の特徴をメモして覚えておこう

「一対一」の時間では、相手の話を聞くように心がけましょう。プロフィールカードを見て、自分が興味のある分野について尋ねてみるといいですね。共通の趣味や価値観が合ったときは、話ももりあがりますし、相手側の男性もきっと話すのが心地よくなってくるでしょう。

また、話を聞く際のコツとしては、一人一人の特徴をメモすること。そういった姿勢を見るだけでも、相手からは自分のことに興味を持ってくれているのだなと思い、好感につながります。

その後のフリータイムにおいて、きちんと名前で呼びかけてあげて、もりあがった話題を振り返ってみると、さらに印象がよくなるでしょう。また、できるだけ次につながるような話ができるのも一つのコツです。おいしいお店の話題でもりあがって、次に一緒に行く約束ができると良いですね。

まとめ

  • 相手との距離感を大切にする
  • 自己アピールし過ぎない
  • 相手の話をしっかり聞く

一回目の婚活パーティーでは緊張してうまくいかないこともあるでしょう。しかし、良縁はいつあるか分かりません。めげずに何度か行くうちに、男性と接することにも慣れてきます。そのうちきっといい出会いがあなたを待っているはずです。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア