2016.3.16 Wed

finda.photo

空気は美容に不可欠!?お金をかけず空気をきれいにする方法【植物編】

空気が良くない部屋に長時間いると、なんだか肌荒れが気になる、ということはありませんか? 空気中に有害物質が多いと、敏感肌の人は特に反応しやすいようです。空気清浄機を買う、という方法もありますが、それなりの値段がしますし、場所を取ってしまったり、音が気になったりします。まずはインテリアにもなる観葉植物で、空気をきれいにしてみませんか?

空気中の有害物質と肌あれの関係

finda.photo

以前に比べてかなり少なくなりましたが、私たちの暮らす住宅の空気中には、ホルムアルデヒド、ベンゼン、クロロホルム、アンモニアといった揮発性の有害物質が微量ながら含まれています。これらの物質には毒性があり、シックハウス症候群と呼ばれる症状を引き起こす原因となるだけでなく、肌にも悪影響を与えます。

濃度が高ければ匂いを感じますし、まずはのどや鼻の粘膜が乾燥したり不快感を感じたりすることが多いのですが、敏感肌の人の場合は肌にも影響があり、肌荒れを起こしたり、皮膚が赤くなったりすることもあるようです。

植物で空気清浄ができる!?

写真AC

アメリカの宇宙開発を手がけるNASAが、宇宙船の中の空気を浄化する実験を行っている中で、観葉植物などにこれらの空気中の有害物質を吸着する力があることを突き止めました。

もともと植物には光合成によって二酸化炭素を吸収し、酸素を排出することで空気をきれいにする作用がありますが、植物にはそれに加えて、ホルムアルデヒド、ベンゼン、クロロホルムなどの有害物質を吸着する効果があることがわかり、NASAは特に空気清浄効果が高い50種類の植物を「エコプラント」として発表しています。

また、植物は水を吸って、葉を通して水分を蒸散させるので、微力ながら「加湿」することもわかっています。

観葉植物を置くと、インテリアになるだけでなく、お肌の乾燥にも一役買ってくれるということになります。

美肌におすすめ観葉植物は、アレカヤシ

写真AC

空気をきれいにしてくれる、美肌におすすめの観葉植物は、アレカシヤシです。アレカシヤシは、トルエンやキシレンといった一酸化炭素を吸着する効果があるのに加えて、葉を通して水分の蒸散効果の高い植物であることがわかっています。乾燥が気になるお部屋におすすめです。

南国の植物なので、冬は10気温以下になると枯れてしまいます。寒い季節は陽のあたる温かい部屋で育ててください。

まとめ

  • 空気中の有害物質が原因で肌荒れを引き起こすことがある。
  • 観葉植物には空気中の有害物質を吸着したり、加湿したりする働きがある
  • 美肌におすすめ観葉植物は、アレカヤシ。水分を蒸散する効果が高い。

お部屋の空気で肌が荒れているのかも、と気になったら、まずはインテリアも兼ねて観葉植物を育ててみてはいかがでしょうか。お部屋のインテリアになるだけでなく、お金をかけずに、お部屋の空気もきれいにすることができます。お部屋の空気がこもりがちな人はぜひ試してみてください。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア