2016.3.17 Thu

finda.photo

意識で勝ち組に変わる?「色」のチカラでなりたい自分へ近づこう!

色にはパワーがあり、身につけているとそのチカラを取り入れることができるといわれています。それぞれの色のはたらきやパワーをご紹介します。

ポジティブな力のある暖色系カラー

写真AC

暖色系のカラーは熱をイメージさせます。その力が最も強い赤は情熱をあらわす色。熱意ややる気を相手に伝えたい時にパワーを与えてくれます。ビジネスシーンはもちろん、異性に愛情を伝えたい時にも活躍してくれる色なんです。

また闘争心を高めてくれ勝利をイメージする色でもありますので、スポーツ時にもおすすめです。活動的なフレッシュなイメージを与えたいならオレンジ色。積極的に行動したい時や目立ちたい時などにおすすめです。気持ちを明るくしてくれる力もあり、暖かくエネルギーを与えてくれる色でもあります。

黄色はさらに明るく、活発なイメージを与えます。明度の高さは脳を刺激するので、新しいアイディアを出したい時や何かを始めたい時に最適です。また幸福もイメージする色なので、身につけておくことで金運をアップさせる力があるともいわれています。ピンクは女性的で幸せなイメージがあります。美しさや優しさが欲しい時にはぜひ取り入れてみましょう。

落ち着きを与える寒色系カラー

写真AC

寒色系のカラーは熱を取るクールなイメージがありますので、心を落ち着かせたい時に力を借りるとよいでしょう。緑は自然を思い出させる癒し系の色。

赤と正反対の位置にあり精神を安定させる色で、イライラや興奮を抑えてくれる効果があります。また深い緑は安心や安全なイメージを与えます。

紺や水色などのブルー系のカラーは冷静さを持ちます。理性や落ち着きをあらわしますので、何かに集中したい時に使うと効果を発揮してくれます。リラックスにも効果的です。紫色も精神の集中を高めてくれます。

また魅力を意味する色でもあるので、能力を認めさせたい時や洗練されたイメージをアピールして人を惹きつけたい時にもぴったりです。赤と青の要素が絡み合った多面性が神秘性ももたらします。

自分の内面と向き合うモノトーンカラー

写真AC

彩度のないモノトーンカラーは内面や本質をあらわす色ともいえます。白は最も純粋で、高貴な色です。浄化されたイメージがありますので、何か新しいスタートを切りたい時や清潔感や一途さをあらわしたい時に利用するとよいでしょう。

一方黒は、何物にも染まらない強い色。確固たる信念を貫きたい時や威圧感を与えたい時に使うとよいでしょう。また都会的で洗練された印象も与えるので、芸術などセンスを見せたい時などにも取り入れてみてはいかがでしょうか?

そしてグレーは真面目で落ち着いたイメージです。寒色系と同様に落ち着きたい時や客観的な立場に立ちたい時などにぴったりの色なので、ビジネスシーンでもよく使われているのも納得ですね。

まとめ

  • ポジティブになりたい時は暖色系カラーを
  • 落ち着きリラックスしたい時には青や緑がおすすめ
  • 白や黒は内面や意思をあらわす色

なりたい自分のためにぜひ色のチカラを利用してみてくださいね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア