2016.3.27 Sun

写真AC

言い寄られている?好きではない男性からのアプローチを避け大人対応

自分が興味の無い男性からアピールされているとき、どうやって避けるべきかお悩みの方もいるでしょう。あまりに無下に断ると、男性を傷つけてしまいますね。今回はそういったときに参考にしたい、大人の対応をお教えします。

違うタイプをアピールする

写真AC

恋愛の話題が出たときに、どういった男性がタイプか聞かれることがあります。そういった場合は、真逆のタイプの人を好みだと言うようにします。ワイルドで活発な雰囲気の人には、知的でおとなしい性格。

このときの注意点としては、その人を傷つけないようにすることです。普段あまり会話が弾まないなと言う人に対して、「おもしろい人が好きなんです」と言うと、結果的に「おれってつまらないんだ」と男性のプライドをへし折ってしまうことになるかもしれません。そのあたりの配慮を忘れずに、大人の対応をしましょう。

好きな男性がいることを明かす

写真AC

諦めやすくなるのは、好きな男性がいることをアピールすること。ただし、いきなりそれを言われたら、男性にむっとされるかもしれませんね。好きな異性がいるか聞かれたら、答えるというスタンスが望ましいです。

ただし、なかなかそういう質問が来ない場合は、こちらから相談を持ちかける形で話してみると自然ですね。特に今まで仲が良かった友人で、それ以上の人間関係を望んでいない場合は、こういった手法が効果的です。

言い寄ってくる男性の中でも積極的な人は、何度もデートに誘ってきます。できるだけ2人きりというシチュエーションに持って行こうともします。そういうときは誘いに乗る場合も、共通の知人を入れるなどして、複数人で遊ぶようにしましょう。その内に男性の方からも察してくれて、デートのお誘いは来なくなってくるはずです。

ついていけない趣味をアピール

写真AC

自分が悪者のようになってもいいと思うなら、彼に嫌われる方向に持って行くのも一つの手。この場合は婚活で知り合った人など、顔を合わせることが少なくなる人には特に有効。相手が興味無さそうな話題を延々と語り出すと、ついていけないと思われます。できるだけ堅物だと思われる高尚な話題がベストです。

また、これまで紹介してきた話題がなかなかうまく行かず、男性側が鈍感な場合は、共通の知人を介して直接伝えてもらうことも考えましょう。また、本当に言い寄られているか分からない場合でも、共通の知人に頼んで、その男性が自分のことをどう思っているかを聞いてもらうのも良いですね。もしかしたらこちらのただの思い過ごしということもあるかもしれません。こういった役を買ってくれる友人は、とても頼りになる存在ですね。

仕事上の付き合いだという姿勢を崩さない

写真AC

仕事上の付き合いがある人には、ビジネスライクな姿勢を崩さないことが大切。個人の連絡先は教えずに、名刺に書いてある会社でのメールや電話番号のみにしましょう。会うのも商談の場だけにして、プライベートでは忙しいなどと言って断りを入れます。

常に敬語で接し、くだけた表現はしないようにしましょう。また、仕事以外の話題はあまり持ちださないようにすることも大切。メールでのやりとりはもちろん、会ったときでも空気は壊さないように注意しつつも、できるだけプライベートにかかわる事柄は避けるようにしましょう。

アプローチの避け方

  • 真逆のタイプをアピールする
  • 好きな男性の存在を知らせる
  • さりげなく嫌われる
  • 共通の知人から伝えてもらう
  • あくまでも仕事上での付き合い

今まで友人として仲が良かった人や、仕事上でよく顔を合わせる同僚や取引先の場合は、今後気まずくなるのを避けていきたいところ。上記を参考にして、さりげない避け方を実践し、今後も良い関係を築けるようにしたいですね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア