2016.3.30 Wed

写真AC

末端冷え性はこれで解決!まだ少し寒く感じる今の時期も快適に過ごせるお手軽な改善策5つ

手や足の指先が冷えてツライ末端冷え性。季節関係なく一年中ツライという女性は多いですね。しかし、ここでは、手軽にできる末端冷え性の改善方法を5つ紹介します。早速実践しましょう。

手足を動かし体の末端まで血液を循環させる

写真AC

手や足の冷えを感じるのは血行がよくないのが原因の一つ。体の先端まで血液がよく流れるようにするには手足の運動がオススメです。たとえば、手と足でグーパーグーパーしたり、手首や足首をブラブラさせたり、関節を回すようにすると効果があります。

足のグーパーはちょっとやりにくいという人もいますが、足先を丸めるようにギュッと力を入れたり、抜いたりすればOK!たった10回ほど繰り返すだけでも手足を動かすと温かくなってきます!
手足の運動は仕事のちょっとした合間に手軽にできるのが魅力です。冷えが気になったとき、また、予防のためにも一日の中で意識して手と足を動かしましょう。

手足の冷え対策にはお腹を温めることが効果的

写真AC

手足が冷えることとお腹の状態が関係するの?とちょっと不思議に感じる人もいるでしょう。実は、お腹が冷えてしまうと重要な機能をもつ内臓を温めようとして血液が内臓を中心に流れるようになります。そのため、末端の手足まで血液が十分に送られなくなってしまうのです。

お腹を温める方法としてはカイロや湯たんぽ、腹巻き、毛糸のパンツなどを使うといいでしょう。湯たんぽはミニサイズのものや充電式、レンジで温めるタイプなどいろいろな種類があります。また、腹巻きや毛糸のパンツにはマイクロファイバーや遠赤外線などの温め効果が高いものも登場し、色や柄も豊富なラインナップになっています。自分の好みに合ったものを使えば、気分もあがりますよね。

お風呂につかって体の芯まで温める

写真AC

末端冷え性の改善にはお腹を温めるだけでなく、体全体の血行をよくして末端の血流を促す方法もあります。オススメなのは、湯船につかり体の中までしっかり温める入浴法です。

入浴のポイントはお湯の温度。42度以上のお風呂に入ると、自律神経の交感神経が活発になって血管が収縮してしまいます。熱めのお湯は体の表面ばかりが熱くなってしまうので、それを防ぐには38~40度くらいのお湯に入りましょう。
20分くらいゆっくりお湯につかると血管が拡がり、血の巡りがよくなります。普段、シャワーが多いという人も、お風呂の習慣をちょっと変えて湯船に入る機会を増やしましょう。

就寝中の靴下や重ね着が冷えにつながる?

写真AC

足が冷たくて眠れないという人は寝るときに靴下を履いていませんか?また、寒い時期になると重ね着で体の冷え対策をすることも多いはず。そのときに気をつけたいのは、蒸れて汗をかくと、その汗がかえって体を冷やしてしまうということです。

さらに、締め付けの強い下着や靴下を履いていると血流が悪くなってしまいます。もし、靴下を履いて寝るなら足先が出るようなタイプにするか、ゆるめの靴下の方がよいでしょう。
手足の冷えを改善するには下着がきつくないか?汗をかくほど厚着をしていないかなど、普段身につけているものを点検してみてはいかがでしょう?

手足の冷え対策には食材選びも重要!

写真AC

日頃、何気なく食べている食材や調味料の中に体を温めてくれるものがあるんですよ。たとえば、ショウガには血行促進や発汗作用があり、トウガラシには毛細血管の循環をよくする効果があります。発酵食品の味噌や麹などの調味料、また、温め効果が長く続くというココアは冷え対策にぜひ利用したい飲み物です。

野菜ではカボチャや白菜のほか、ネギやニンジン、ゴボウなどの根菜類を摂るようにしましょう。より効果を高めるには煮物などの温かい料理に使うのがポイントです。 逆に、体を冷やすのはトマトやキュウリ、ナスなどです。特に冷たい状態だと体が冷えるので、できるだけ温かくして食べる工夫を!

さらに、塩分や脂質の多い物ばかり食べていたり、栄養バランスが偏ったりすると血行を妨げる可能性もあります。栄養の偏りには注意しましょうね。

まとめ

  • 末端冷え性の改善には血液の循環をよくすることが重要です。
  • 手足の運動を取り入れて血行を促進
  • お腹の冷え対策も手足の冷えには重要
  • 体全体の血流を促すには入浴が効果的
  • 蒸れるほどの厚着や締め付けは要注意
  • 体を温める食材で血液循環を改善

末端冷え性は病気ではないものの、手足が冷たいのはツライですよね。末端冷え性の改善には血流をよくするのがポイント!手足が冷たいと感じたら、すぐにできるグーパーなどの運動で血行を促進しましょう。サッと手軽にできて、しかも効果があるのでぜひお試しを!また、体を温める食材は煮物や鍋物に使いやすい野菜が多いので、この機会に煮物や鍋のレパートリーを増やすのも良いです

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア