2016.8.15 Mon

占いストリート

開運を呼びこむ幸せの象徴「縁起が良い動物」モチーフの意味と由来

結婚式などお祝いごとの際に「縁起のいい動物」をモチーフにしたデザインをよく目にしますよね。何となく縁起がいいの一言で理解してしまっていて、由来を考えてみるとそういえばどうしてなんだろうと不思議に思ったことはありませんか?縁起のいい動物の由来をご紹介していきます。

鶴(つる)

日本でお祝いごとに使われる動物モチーフとして多くの人が思い浮かべるのはやっぱり「鶴」ですよね。特に和を基調としたお祝いの席では、着物の柄や祝儀入れのデザイン、箸袋に至るまでさまざまなところに鶴をみつけることができます。

「鶴は千年。亀は万年。」とも言われるように長寿の象徴であることは多く知られていますね。それ以外にも鶴は大変夫婦仲のいい鳥で、つがいは生涯連れ添います。そういった姿から、夫婦円満の象徴でもあるのです。

また、鶴の声は共鳴し遠くまで届くことから「天まで声が届く」という意味でも縁起のいい鳥とされています。こんなにも縁起のいい要素が多い動物も珍しいかもしれませんね。お祝いの席でよく目にするのも納得です。

鳩(はと)

西洋式のお祝いごとでモチーフにされることの多い鳩。結婚式の招待状や席次表などのデザインで見かけたことのある方も多いのではないでしょうか。

世界的にも愛と平和の象徴として知られている鳩。「神がお怒りになり大雨を降らせ全ての土地が大洪水になった時のこと。ノアが箱舟から逃がした鳩が、オリーブの枝を加えて戻ってきたことで、乾いた土地が現れたことを知ることができた。」という旧約聖書の一節が由来になっているようです。窮地に立たされた時に希望の光に気づかせてくれた鳥だったのですね。

また、鳩は求愛時に顔を寄せ合って自分のくちばしを相手のくちばしの中に入れるため、その様子がまるでキスをしているように見えることから愛し合う二人を祝福する縁起の良い鳥とされているようです。

由来を知ると西洋式のお祝いごとでよく目にするのも納得できますね。

うさぎ

縁起のいいモチーフとして、着物や帯などのモチーフにも使われることのあるうさぎ。単純に、かわいらしいということも様々なアイテムのデザインとして愛されている理由の一つでしょう。ぴょんぴょんと飛び跳ねる動物的特徴から「向上」「飛躍」といった前向きなイメージもありますね。

また、うさぎは短期間にたくさんの子供を産むことから、「子孫繁栄」「子宝に恵まれる」といった意味でも縁起のいい動物とされています。結婚をして、これから子だくさんのにぎやかな家庭を作っていこうという二人にもぴったりのモチーフです。

ふくろう

「不苦労」と漢字をあてることができることから苦労をせずに過ごせるようにという意味がこめられるふくろう。

福を籠(かご)にたくさん詰め込むという意味で「福籠」という漢字をあてたり、福をたくさん感じながら老いていけるよう「福老」という漢字をあてたり、縁起の良い漢字をあてはめられることから、お守りやキーホルダーのモチーフとしてもよく使われていますよね。

また世界的には、ギリシャ神話において、ふくろうが知恵の女神の聖鳥であることから「知恵」の象徴とされたり、夜行性であることから夜眠らない「守り神」として考える地域もあるようです。

借金で首が回らないという表現を受けて、360度首を回すことのできるフクロウは「お金に困らない」という金運アップの験(げん)担ぎもあるとされています。

ふくら雀(すずめ)

冬にまんまるく太った雀のことを「ふくら雀」と呼びます。

田んぼのお米を食べてしまう雀はお百姓さんにとって少々疎ましい存在でした。しかし豊作の年には、お百姓さんも雀が食べる少量のお米に目くじらを立てることなく雀もふっくらと太ることができたことから、「ふくら雀がみられる=豊作の年」ということで豊かさの象徴となりました。「食べるものに困らないように」「豊かに暮らせるように」という願いが込められているのですね。

<p>また、「福良雀」と縁起のいい漢字をあてられることからも、お祝いごとに使われるモチーフとして愛されています。

縁起のいい動物の由来まとめ

  • 鶴は夫婦仲が良いことから夫婦円満の象徴
  • 鳩は求愛行為がキスをしているように見えるため恋人たちの象徴
  • うさぎは短期間に子供をたくさん産むことから子孫繁栄の象徴
  • ふくろうは「不苦労」や「福籠」といった縁起のいい漢字があてられるため縁起が良い
  • ふくら雀は豊作年に見られたため縁起がよい

由来を知ると、その縁起の良さをもっと深くまで感じることができます。そして、由来を知って選べばその願いはもっと強いものになりそうですよね。結婚式やお祝いごとの際に、自分の願いを込めながらデザイン選びを楽しんでみてください。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア