2016.9.26 Mon

占いストリート

【婚活で使える心理テスト】何気ない会話でわかる金銭感覚チェックテスト

「どこに住んでいるの?」と聞いてみると?

以下の選択肢からお選びください

  • 町名や駅名で答える

  • 「名所の近く」など、わかりやすい目印で答える

  • 都道府県や「東京の西のほう」など、ざっくり答える

  • 用心深く、はぐらかす

このテストでわかるのは、「金銭感覚」です。

個人情報が保護される時代、自宅の住所は取り扱い注意のデータとなりました。人に教えるなら、自己責任が伴います。何気ない会話の中で尋ねられた時、どう答えるかは、自己開示がどこまで出来るかの指針となります。オープンに話すかどうかで、自分の財産に対するこだわり、そして、金銭感覚がわかるのです。

選択肢をお選びください

あればあるだけ使っちゃう! 享楽主義型

警戒心ゼロで素直に答える人は、所有欲も薄め。オープンで社交的なタイプですから、お金の流れ方は悪くないのですが、社交費がかさんだり、やりたいことが次々と見つかったりして、入ったら入った分だけ使ってしまうことが多いみたい。今度こそ、貯めようと思っても、ある程度まとまった額になると、ローンの頭金にするなど、手元においておけません。ただ、持ち前の前向きパワーでなければないでなんとかしちゃう強運の持ち主です。

自分には、大盤振る舞い! 自己愛型

好き嫌いやメリットデメリットなど、自分の中で価値基準がハッキリしている人です。このため、興味がないことには、一切余計なお金を使わない代わりに、好きなことには惜しみなく、大金を投じるでしょう。結婚したとしても、当面は、趣味や楽しみ優先で人生を組み立てていくはず。ただ、出産や子育て、介護など、自分を取り巻く環境が激変すると、生き方をガラリと変える可能性も高めです。人生の優先順位は、しっかり守るでしょう。

使う時は使う大胆派

あいまいな言い方でケムにまく人は、お金に関してもかなりマイペースです。世間の相場より自分の懐具合を優先させて、基本は使わずに済ますはず。交際中でも何かとケチられ、愛を疑ってしまうほどかも。一生に一度の挙式や新婚旅行も、お金を掛けない方向で進んでいくことになるでしょう。ただ、ずっと貯めるばかりかといえば、そうでもなさそう。突然、別荘やヨットを買うなど、暴走することも。突発的な衝動買いに注意しましょう。

きっちり管理! 節約型

ガードが堅く、用心深い人は、金銭感覚も発達していることが多いようです。お金の管理に計画性があり、ムダ遣いはめったにしないはず。ただ、貯めること自体が楽しみや生きがいになってしまうケースも多いため、どんなときでも、使わずに済ますライフスタイルが定着しているかもしれません。このため、リッチでゆとりのある暮らしを求めて結婚すると、こんなはずじゃなかったと後悔することも。もっとも、お金に困ることはなさそう。

まとめ

初対面、または、つきあいが浅い時に、より有効な答えを引き出せるテストですが、ある程度以上、親しくなった相手のことを知りたいときは、「実家、どこだっけ?」と置き換えて聞くとよいでしょう。プライベートな情報をどこまで話してくれるかで、お金の使い方や金銭感覚がわかってくるはず。婚活でも、しっかり見極めて。
章月彩乃(しょうづきあやの)
占術研究家、心理テストクリエーターとして、テレビ、雑誌、書籍などのメディアに多数の掲載実績を持つ。Yahoo Japan公式サイト「ウィークリー心理テスト」に掲載の心理テストも人気を博している。『Sho-Comi』『増刊Flowers』などで、毎月の占いを連載し、主な著書は、『絵でよみとく深層心理テスト』(実業之日本社)、『血液型別女子の取り説』(小学館)、『こよみを使って開運できる本』(神宮館)ほか多数。
公式サイト:
http://shzk.info/
公式ブログ:
http://ameblo.jp/shouzuki-ayano/

この記事をSNSでシェア