2016.10.21 Fri

占いストリート

牡牛座は「食・睡眠」「貯金」が大切◎堅実な生活に幸せを感じます!

「なんであの人は・・・」と嘆く前に、まずはその人の星座の性格の特徴つかんでみると、今まで見えていなかった良いところが見えてくる事があります。自分の事を改めて知ることにもつながり、人間関係の有効な潤滑油になることも。星座ごとの傾向と対策を知って、気になるあの人や友人・同僚を理解するきっかけにお役立てください。ここでは、牡牛座の性格の特徴をご紹介いたします。

牡牛座の性格の特徴

●食への欲求

牡牛座は12星座きっての美食家で、食への追求は三ツ星レストランからB級グルメ、コンビニのお菓子まで幅広く、常に食べ物のことを考えているといっても過言ではありません。

●ケチの貯金マニア

牡牛座はとにかくケチ。財布の紐が固く、コツコツと貯金しているタイプで、通帳をながめてはひとりニヤニヤしています。無駄遣いせず、堅実なので家庭的ともいえます。

●よく眠る

ロングスリーパーが多い傾向にある牡牛座は、しっかり寝ないと元気がでません。枕が変わると眠れないタイプで、さらに「早く寝なきゃ」「起きられるかな」というプレッシャーが追い打ちになって外泊先では眠れません。目覚ましをセットせずに眠れる日の布団の中にいるのが“至福の時”です。

●独占欲・執着心が強い

自分の所有物に対する執着心が強く、ものを大切にする一方で、捨てられないタイプの典型です。

共有スペースに置く物は全て名前を書くようなタイプなので、プリンを勝手に食べようものなら、相当根に持たれることでしょう。物質欲も強いので、プレゼントやお土産は些細なものでも喜んでくれて、大切にしてくれる傾向もあります。

●控えめで忍耐強い

普段控えめでおとなしい印象の牡牛座は、端からみたら理不尽なことでもじっと耐え忍びます。その反動で突然爆発して周囲を驚かすこともごくまれにありますが、本人はその爽快感を楽しんでいるところも。

牡牛座に言ってはいけない3つのこと

①「行動が遅い」「のんき」

石橋を叩いて渡るタイプなので、幼い頃から「行動が遅い」といわれてきている牡牛座ですが、それでもそのスタイルを崩さない頑さがあります。また、その慎重な姿勢が成功につながる経験をしてきいるので、事を進めている過程で「のんき」などと言われては、鼻持ちなりません。

②「ちょっとちょうだい」「ちょっと貸して」

執着心と独占欲の塊なので、所有物はちょっとでもとられたくありません。人が良いので断ることはしなくとも、内心では身体が引きちぎられるような痛みを感じているのです。

③「神経質」「細かい事を気にし過ぎ」

堅実・慎重がモットーなので、いい加減な人は嫌いです。牡牛座にとっての当たり前である「約束を守る」「有言実行」を「神経質」「細かい事を気にし過ぎ」と否定する人は、軽蔑に値します。

牡牛座の恋愛傾向

牡牛座の慎重さは恋愛でも発揮され、まずは気になる人ができるとシミュレーションからはじまるので、なかなか前に進めません。誰が見ても一目瞭然の両思いでも、浮き足立つどころか「からかわれているかも」といった最悪のパターンを想定して考えないと気が済まないのです。

いわゆる“めんどうくさい”タイプではありますが。ひとたび関係がはじまれば、とても大切にしてくれて、堅実なパートナーとして結婚に適した相手と言えるでしょう。相手にも「約束を守る」などの堅実さを求め、さらには美意識の高さから容姿にはこだわりがあり、面食いな人も多いです。牡牛座のパートナーは、嫉妬心が強いところがあるので、マメな連絡をとるなど信頼関係は大切にしたいところです。

牡牛座の相性

●仕事の相性が良いのは山羊座

お互いに真面目で慎重な牡牛座と山羊座は、二人三脚で成功を目指せるパートナー。

慎重さゆえに、打ち解けるのには時間がかかるものの、一度「信頼できる相手」と認識し合えれば、互いに黙々と仕事をしていても同じ方向を向いているような、ビジネス上のツーカーの仲になっていくことができます。

●恋愛で相性が良いのは乙女座

お互いにじっくりと愛を深めていく恋愛を好む牡牛座と乙女座は、恋愛の相性が抜群。

端からみたらじれったく感じるかもしれませんが、ゆっくりと確実に関係性を築いていけるので、結婚にも発展しやすいでしょう。

●結婚で相性が良いのは山羊座

仕事面でも相性の良い山羊座は、結婚の相性も◎ただし、とにかく慎重で恋愛に奥手な2人なので、おつきあいに至るまでが前途多難。相手の気持ちに気づけずにすれ違いになってしまうことも・・・。お互いに好意を持ったならば、共通の友人にキューピット役をお願いするとスムーズです。

ビジネスパートナーとしても最良なので、家族経営や夫婦での起業も関係をより深めるのでおすすめです。

●仕事で相性が悪いのは牡羊座

フットワークが軽い牡羊座は、思った事は即行動派。石橋を叩いて渡る牡牛座とは、そもそものスタンンスが異なります。牡羊座のサポート役として牡牛座が徹するパターンが落ち着くポジションと言えますが、お互いにストレスを感じることが多くなることでしょう。

●恋愛で相性が悪いのは蠍座

秘密主義の蠍座は、じっくりと信頼関係を築きたい牡牛座にとっては不信感を抱いてしまう相手。

更に、異性の誘いに乗りやすいところがあるため、そんな素振りが見えたときには、牡牛座の嫉妬心が爆発します。

●結婚で相性が悪いのは水瓶座

人付き合いもサービス精神も長けている水瓶座は、慎重派の牡牛座をリードして、良いおつきあいはできるものの、なにぶんマイペース。

結婚後も、自分のペースは崩さずさない水瓶座に、牡牛座が「少しは譲歩してくれ!」不満を感じる事も・・・。

とはいえ、それが言えないのが牡牛座。溜め込みやすい牡牛座が爆発する前に、水瓶座が気づいてフォーロしたり、些細なことでも言い合って、受け流せる関係性が築ければ、うまくいく可能性も。

牡牛座の取り扱い説明書のまとめ

  • 石橋を叩いて、時には壊してしまう程の慎重派なので判断は信頼できる
  • 食べて寝て、貯蓄するという堅実な暮らしぶりにこそ幸せを見いだせる
  • 我慢強いが、外面がよく溜め込んでいるので爆発したら手がつけられない
  • いい加減な態度と急かす行為は徹底的に嫌われる

牡牛座の性格のご紹介、いかがでしたか?のんびりとマイペースに見えますが、水面下ではシミュレーションと憎悪が入り乱れていることも・・・そっと寄り添って美味しいものを食べながらお話すると気持ちがほぐれて本音が聞きだせるかも。牡牛座の人との関係を築くための参考にしていただけたら幸いです。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア