2016.1.8 Fri

写真AC

婚活パーティーでモテる会話術

婚活パーティーに行っても短い時間で十分に話ができないなんて悩んでいませんか?会話のコツを掴んで、中身の濃いモテる会話をしましょう。

相槌を磨きましょう

会話を進めるためには、相槌を上手に打てるかどうかが大切ですよ。丁度いいタイミングで適当な相槌が打たれると、話している相手は気持ちよくリズムに乗って話を進めることができますよね。

相槌の強さや間隔は、話の盛り上がりや相手のトーンに合わせて変化を付けると良いです。単調に「はい、はい」と繰り返すだけでは、仕事の打ち合わせのようで色気がありません。

また、話が盛り上がったり、続いていくときに細かな質問や「でも…」と言った否定的な言葉を挟むのは相手の話す気持ちを削いでしましますから気を付けましょう!時には驚いたりして一緒に会話に入っていくことが大切です。

相槌の基本は「そうなんですか」「すごいですね」「大変ですね」の3つ。相手の気持ちに共感して、上手に相槌を打ちましょう。

聞き上手がやっぱり一番

男性女性を問わず、基本的に人は話す事が好きな生き物です。ですから、話し上手な人よりも、聞き上手な人の方が婚活パーティーでもやっぱりモテるんです。

自分の話を聞いてくれる人は、自分を理解してくれる人、自分を受け入れてくれる人に通じますからね。相手にとって気持ち良く話せれば、楽しく充実した時間が過ごせた良いイメージを残すことになりますよ。

楽しい話ができる自信がある人も、婚活パーティーではちょっと控えめにして、相手の話を聞き出すことに注意を傾けましょう。相手のことをもっと知りたい、あなたの話がもっと聞きたいと言う姿勢を示せば、自然と聞き上手になれるはずです。どうしても会話が続かない時は、自分のことを話すのも良いです。

その上でお相手の方に話を振って、感想や似た経験についてお話をしてもらうのが良いでしょう。くれぐれも自分の話ばかりにならない様に、相手の話を引き出すための呼び水として自分の話をしたいですね。

質問力を上げて会話に深さを

短い時間の会話では、表面的な一問一答の会話が続いてしまって、なかなか会話が盛り上がらないこともあります。

そんな時は質問する内容をもう一度見直してみましょう。趣味は何ですか?出身はどちらですか?と言った一辺倒の質問ばかりになっていませんか?趣味や出身地が同じなら、少しは会話も広がるでしょうが、盛り上がったりその人の個性を引き出すことまではできませんよね。

質問力を上げるためには、その人の個性が出そうな事柄について聞くことがポイントです。例えば趣味なら始めたきっかけ、小さい頃の思い出話などです。イエスかノーかで答えられない質問で、相手に話す必要性を与えちゃいましょう。

まとめ

  • 相槌と聞き上手で気持ちの良い会話を
  • 質問力を高めて会話に深みを

短い時間だからこそ会話術が生きる婚活パーティー。上手に話を盛り上げて、意中の男性の第一印象を良くしたいですね。

占いストリート編集部
女性の悩みや不安に寄り添うコラムを提供しています。

この記事をSNSでシェア